Amazonがお得なのはプライム会員だけ?!こちらから

SSDドライブの交換で延命中のMacBook Pro 13インチ 2015

macbookpro2015-replace-ssd-title Apple(mac・iPhone)

2015年モデルのMacbook Proをお持ちの皆さん、SSDドライブの容量は足りていますか? 新たなMacユーザーとして、macOS Montereyが楽しみな反面、2015年モデルのMacbook Proにはまた酷な時期になりました。

128GBモデルの人はツライことでしょう。

私もCatalinaとBig Surにアップグレードする際、SSDドライブの空き容量が足りなくてアップグレードできない場面に遭遇しました。(アプリを削除して対応)

2021年10月前での最新OSはBig Surが動作します。この2015年モデルは次のMontereyもサポートされ、恐らく少なくても翌年1回〜2回先まで最新のOSがサポートされそうです。

ただ、容量が切迫しているのは変わりません。SSDドライブの速度もそんなに速くないことも不満ですね。

そこで、内蔵されているSSDドライブを1TBに交換して延命をすることにしました。OSのアップグレードくらい余裕を持って行いたいからです。

他所でも扱っているネタですが、ここでは2015モデルのMacbook Pro 13.3インチの例としてご紹介しておきます。

できそうだな、と思ったらリスクはご理解の上、トライしてみてください。

1TBで動作しているMBA2015

2015年のMacbook Pro

MacbookPro2015裏面

正式名が「MacBook Pro (Retina, 13-inch, Early 2015) 」、モデル名「A1502」、「EMC2835」、型番「MF839J/A」

MF839J/Aは、CPUが2.7GHz(最大3.1GHz)SSDドライブ容量が128GB、メモリーが8GBのモデルです。

Macの製品はモデルの年で区別できます。

SSDは交換できるの?

2015年モデルも元々、交換できるような作りにはなっていません。ネジをハズした時点でサポートが切れます。既に保証切れ製品だから躊躇はありません。

2009年〜2012年のMacbook Proは、SODIMMメモリーが交換できるようになっていたり、基板にコネクターがあるタイプでした。

2017年以降のMacbook Proではマザーボードへ直付けなので、汎用品と交換はできません。

その点でいえば、2015年のモデルは、SSDドライブがコネクターで外れる最終モデルです。そのままとはいきませんが可能なんです。(アダプタが必要)

更に、OSが初期のSnowLeopardなどではダメです。少なくてもMojave、できればCatalinaやBigSurなどまで上げておきます。

今回はインストールされているOSがCatalina、BigSurのUSB起動Diskを作りました。

必要な機器

SSDドライブならどれでも良いわけではありません。

結論から言うと、Macbook Pro 2015ですと、NVMe、PCIe Gen3、最大4レーンの規格です。M.2 2280という規格です。細かく言うと、基板が片面の奴が望ましいと思われます。

キーワード

  • NVMe
  • PCIe Gen3
  • 4レーン
  • M.2 2280

実は純正よりも読み書き性能をアップさせるためもあり、今回購入した製品は最大値が取れる物にしました。オーバースペックでもリミットで動作しますが、発熱が心配なので選びませんでした。

アンペア数が表示されていて、1.7Aや2.5Aなど違いがありまして、消費電力と性能をバーターで考え1.7Aの製品にしました。

中には、Mac専用品のSSDも存在ます。でも5万円くらいかかるのであまり現実的ではありません。専用品はアダプタが必要無く、そのまま差し込めてスンナリと動作するでしょう。

今回はお金もないので、アダプタを噛まして接続します。

今回購入した製品(SSDとアダプター)

噛ますアダプターも、どの組み合わせが良いのか最初は検討もつきませんでした。

いくつかあるSSDドライブ製品の中で、2015年モデルでも実績のあるアダプタにしました。購入するSSDドライブのメーカーによっても上手くいかない場合も出てくるでしょう。

アダプタを噛ましたSSDドライブ

今回の成功例はこの組み合わせ

Macbookを開けるのに必要なドライバーを持ってなければ、専用のドライバーも必要です。星形のネジなんですよ。それも小さい径。手持ちがT6からしか無かったので購入しました。P5は持っていなかった。

起動用としてUSBメモリーも必要になります。32GB程度で良いので、なければ合わせて購入してください。

事前準備

いきなりSSDドライブを交換する前に2つだけ必須なことがあります。

起動用USBメモリー

先に用意しないとならないのが、USBメモリーにMacの起動Diskを作ることです。

BigSurならAppStoreや自動更新からダウンロードしてから、ターミナルからコマンドで作成。

sudo /Applications/Install\ macOS\ Big\ Sur.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/MyVolume

macOS の起動可能なインストーラを作成する方法(Apple公式)

USBメモリーで作成するのは、当然ながらSSDドライブを交換する前に済ませておきます。

TimeMachine(タイムマシン)でのバックアップ

Macを使っている人なら必須になっているTimeMachine(タイムマシン)でのバックアップを改めて取っておく必要があります。

SSDドライブを交換した後、または復元としてデータを戻すために必要です。

別の外付けHDDに取るのが簡単かなと思います。

私は今回、NAS内にあるTimeMachine(タイムマシン)データを使って復元しました。

検索すると出てくる懸念材料として、Wi-Fi通信が挙げられていました。実際に試すと問題なくWi-Fi接続のNASからデータを復元できました。(BigSurの起動用USB起動メモリーで確認)

心配なら有線LANケーブルでの接続をオススメします。確実ですし、Wi-Fiのパスワードも必要ありませんからね。

以上の2つが準備できれば、実際にSSDドライブを交換していきます。

※OSがCatalinaで、別のNASにバックアップしているTimeMachineへWi-Fi経由でも難なく動作しました。時間は掛かりますが問題ありませんでした。意外で驚いた。

交換手順

事前の準備として起動用のUSBメモリーと、TimeMachine(タイムマシン)でのバックアップは完了しましたか?

準備がOKなら、物理的な作業を進めます。

裏蓋を開ける

専用の精密ドライバーでハズします。

星形のネジ

ネジは10箇所あり、ネジ長は黄色枠が1.3mm、赤枠が1.1mmです。

あまり強く回すとネジ山を舐めますから、ゆっくりと確実に回します。ネジがとても小さいため、なくさないように注意。

赤枠の2本だけ他とは違い短い。取り付ける際に間違えないように。

中央からやや下の部分のツメ2箇所で止まっています。垂直にはめるタイプなので、アルミが曲がらない程度に引っ張ってあげます。

逆に元に戻す際にはツメをはめるため少し押して止めます。「パチ」と音が鳴ればOK。

バッテリーコネクタを外す

電源を抜いてあってもバッテリーで通電しています! むやみにドライバーの先などが触れないように注意!

特にバッテリーには触らないようにしましょう。

写真②の部分。
通電を止めるため、バッテリーとの接続コネクターを外しておけば安心です。ただ、コネクターが少し堅いので、無理ならそのまま作業するしかありません。

黒いT字型シールの上部だけそっと剥がせばコネクター部分が見えます。(Tの突起部分)

SSDドライブを取り替えるだけとはいえ、バッテリーで通電しているのはあまりよくありません。どうしてもコネクターが抜けない場合は、仕方なくそのまま慎重におこなってください。(基板に触れないように注意が必要)

※交換はバッテリーが剥き出しになるため大変危険です。あくまでも自己責任で実行してください。

純正のSSDを外し新しいSSDを取り付ける

取り外すのには、T5のドライバー(トルクス)で1つ外す必要があります。取り付ける際に同じネジを使用できます。

新しいSSDは予め購入したアダプターを取り付けておきます。ここでしっかりとハマっていないと認識しなかったり、エラーで止まったりしますので、確実に奥まで差し込みます。

基板から外すには、取り外したネジ側を1cmくらい持ち上げてから抜きます。斜めに接続することになるので、ここも無理なチカラは加えないように注意しましょう。

基板に取り付ける際もSSDがスンナリと収まる位置まで確実に接続します。

購入したアダプター
アダプターを取り付けた状態のSSDドライブ

裏蓋を戻して完了

取り付けて終了

SSDドライブを付け替えることは、それほど難しいことではありませんでした。

あとはキチンと認識してくれるのを祈るばかりです。

片面のSSDモジュール

メモリーのように片面のみチップが載ったタイプと両面がタイプがあるようです。今回のSSDドライブは片面タイプでした。

SSDドライブ裏側基板

macOS起動用USBメモリー

取り付けたSSDドライブは何も入っていません。先に用意した起動するためのUSBメモリーを差し込んでから起動します。

その際、リンゴマークが出るまで option キーを押しっぱなしにして起動させ、USBメモリー側を起動します。

ディスクユーティリティ

起動するとディスクユーティリティなどを選べるメニューが現れます。

ディスクユーティリティから該当のSSDドライブを消去することでフォーマットします。

  • APFS
  • GUIDパーティション

あとはメニューに戻ってタイムマシンから復元するか、そのままOS(今回はBigSur)を新規でインストールするか選びます。

新規でインストールしても、macOSを起動した後のセットアップ中に、タイムマシンから復元も可能です。

タイムマシンからの復元も人によって時間がかかると思います。気長に待ちます。

以上です。お疲れ様でした。

1TBに換装後

読込速度は、シーケンシャル最大2,400MB/秒、書き込み速度が、シーケンシャル最大1,950MB/秒と比較的に高速です。

少なくても純正のSSDドライブは、どちらも約600MB/秒程度なので、実際に倍速以上の数値になりました。

チェックされている項目も、1TBに換装前は2160p60などがチェックされない状態でしが、すべてにチェックが入っていて性能がアップしたのが一目瞭然です。

速度もそうですが、何よりも128GB(実質空きが20GB)から、一気に1TBまで増えたのは快適過ぎます!

これでサイズが大きなソフトウェアや、サイズが大きな動画データなどを扱うことが楽になりました。ちょっとリスクはありますけど、どうせサポートも切れている機種なので、思い切ってチャレンジしました。

これで2015モデルでも、あと3年(2024年頃まで)は戦える機種になったと思います。

——実はLinuxとデュアルブートにしました。ほぼLinuxマシンとして活躍しています。

上手く行ったSSDドライブ

改めて、問題なく動作したSSDドライブとアダプターの組み合わせをご紹介しておきます。

一般的に容量が500GBより1TBの方が読み書き速度は速くなりますから、なるべく大きい方が望ましいです。バランス的にも1TBが適当ではないでしょうか。

2021年Macbook Pro

2021年10月18日に発表された新型「Macbook Pro」は待望のMagSafeコネクタの復活もありました。

ここでご紹介しているMacbook Pro 2015までがこのMagSafeコネクタだったんですよね。だから当時に購入したこともあります。当然ながらタッチバーなるものが付く前のモデルです。

microSDカードスロットもHDMIコネクタもこの2015年モデルは付いているんですよ。

CPUこそ古いCore i5とはいえ、SSDドライブが1TBになったおかげでバリバリの現役です!

しかも、所有しているMacbook Pro 13インチ 2015はバッテリーを交換したこともあり、SSD容量も増え読み書き速度の向上も相まって、かなり新品に近い状態で快適になりました。

バッテリーを交換した際、変形してしまったアルミの外装も交換してくれたので、ある意味で新品に近づいたハードになりました。

これでまた3年くらいは使えて大満足です。詳しくはバッテリー交換した記事もご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました