MENU

Raspberry Pi 4に無料順位チェックツール「Serposcope」をインストール

ブログを運営していて気になるのは検索順位ではないですか? 正直な話、Googleの検索結果が2ページ目になるとかなりアクセス数は減ります。上位に表示されるキーワードが増えてくると、運営していても楽しいですからね。

有名なツールに「GRC」があります。WindowsユーザーならGRCを推奨します。無料から試せるので、ブログ運営を始めたばかりの人でWindowsユーザーならオススメです。

現在GRCはmacOSで動作しないので、仮想デスクトップソフトを使うしかありません。VPSサービスという手もありますが、費用は安いとはいってもそれなりに掛かります。

そこで代わりにはならないかも知れませんが「Serposcope」がありました。「Serposcope」はmacOSでもWindowsでもJAVAで動作します。

敢えてローカルサーバーとして電気代も気にならないシングルボードコンピューターのRaspberry Pi 4を使いました。

サーバーといっても「Serposcope」をインストールして動作させるだけなので、そんなに速いスペックも要りませんからRaspberry Pi 4で十分です。

サーバーOSには、Raspberry Piに対応しているUbuntu Serverをインストールしました。

GRCが良いんだけど、いくつものキーワードを無料で使える物から試したい人に向け、同じに設定できるよう細かくご紹介していきます。

Raspberry Pi 4のUbuntuServerをセットアップして「Serposcope」をインストールする手順になります。

目次

前提条件

今回はRaspberry Pi 4を使ったので、Raspberry Pi 4に対応するUbuntu Server 20.04LTSをインストールしました。専用のイメージになるので、一般的なPCにインストールするUbuntuServerとは少し違うかも知れません。

IPアドレスは固定で設定し、Wi-Fiで接続しています。

  • Raspberry Pi 4
  • Raspberry Pi 4用UbuntuServer20.04LTS(64bit)
  • Wi-Fi経由
  • 固定IPアドレス

UbuntuServerは、Raspberry Pi ImagerでmicroSDカードへ書き込みました。

起動後

最初はWi-Fiにも接続していないので、sshもできません。HDMIケーブルをモニターに繋ぎ、Raspberry Piに繋げたキーボードから、Wi-Fiの設定だけを施します。

Wi-Fiに接続できれば、その後はsshで構いません。

初期のユーザー名とパスワードはUbuntuです。初回にパスワードの変更を求められます。

初期ユーザー名 ubuntu / 初期パスワード ubuntu

Wi-Fiに接続させる

これが一番大変でした。Raspberry Pi OSとは設定が異なり慣れていないからです。

Ubuntuのサイトにあったネットワークの設定で、固定IPアドレスの欄を参考にしました。Ubuntuではnetplanを使います。

同階層にデフォルトの設定ファイルyamlがありますが、何の参考にもなりませんでしたね。全く足りない。

Ubuntu公式にあったように、99_config.yamlを新規で作成して記述していきます。

sudo nano /etc/netplan/99_config.yaml

以下のように設定しました。

例として、ルーターのアドレスが192.168.1.1として、固定するIPアドレスは99にしてあります。ご自身の環境に合わせて書き換えてください。

network:
  version: 2
  renderer: networkd
  ethernets:
    eth0:
      addresses:
        - 192.168.1.99/24
      gateway4: 192.168.1.1
      nameservers:
          addresses: [192.168.1.1]
  wifis:
    wlan0:
      addresses:
        - 192.168.1.99/24
      gateway4: 192.168.1.1
      nameservers:
          addresses: [192.168.1.1]
      access-points:
          "SSIDを入れる":
              password: "パスワードを入れる"

sudo netplan apply

エラーは出るもののイケましたからヨシとします。

デバッグできるので、間違いは見つけやすいと思います。以下のコマンドで間違いを見つけましょう。

sudo netplan --debug try

IPアドレスが振られているか確認する。

ip a

sshは特に何もせずとも、そのまま他のPCやmacOSから接続できました。ssh ubuntu@IPアドレス

serposcopeとJAVAのインストール

結論からいうと、OpneJDKのJAVAでイケます。serposcopeのサイトにはOrcleJAVAを入れる手順がありますが、Raspberry Pi用のUbuntuではリポジトリがダメでインストールできません。

特に問題なかったので、ここではOpenJDKのJAVA8をインストールしました。

JAVAの環境が異なるので、後で場所を特定して入れ替えておきます。先にインストールしておきます。

sudo apt install openjdk-8-jre-headless

バージョンを調べると、1.8.0_312でしたから大丈夫そうです、

ubuntu@ubuntu:~$ java -version
openjdk version "1.8.0_312"
OpenJDK Runtime Environment (build 1.8.0_312-8u312-b07-0ubuntu1~20.04-b07)
OpenJDK 64-Bit Server VM (build 25.312-b07, mixed mode)

serposcopeのダウンロード

バージョンは記事執筆時点です。ファイル名に入っているので、自分の場合と置き換えてください。

wget https://serposcope.serphacker.com/download/2.15.0/serposcope_2.15.0_all.deb

パッケージをインストール

dpkg -i  serposcope_2.15.0_all.deb

インストールはできても実行できていません。エラーになっていると思います。serposcopeはサービスで動くプログラムです。

sudo servies serposcope status

JAVA_HOMEの設定

ここでserposcopeの設定ファイルに、JAVAの環境を足しておきます。

どこにあるのか調べます。

/usr/sbin/update-java-alternatives -l

java-1.8.0-openjdk-arm64       1081       /usr/lib/jvm/java-1.8.0-openjdk-arm64

デフォルトの設定を書き換えます。

sudo nano /etc/default/serposcope

2行目のJAVA_HOME=がコメントアウトされていたので、外してそこに/usr/lib/jvm/java-1.8.0-openjdk-arm64を記述します。

# specify alternative JAVA_HOME here
JAVA_HOME=/usr/lib/jvm/java-1.8.0-openjdk-arm64

LOGDIR=/var/log/serposcope
DATADIR=/var/lib/serposcope
CONF=/etc/serposcope.conf
PARAMS="-Dserposcope.conf=$CONF"

これでOK。手動で起動してみます。

sudo servies serposcope start

タイムゾーンの設定

serposcopeでスケジュール設定することから、タイムゾーンだけは日本に設定しておきました。

sudo timedatectl set-timezone Asia/Tokyo

確認は、sudo timedatectlです。

serposcopeにWebブラウザからアクセス

サーバーの設定は完了したので、他のPCからアクセスしてみましょう。

192.168.1.99:7134

ポート番号7134を指定して、固定させたIPアドレスをWebブラウザに打ちます。

最初にメールアドレスとパスワードを決めて新規作成すればログインできます。

Raspberry Piなら使い勝手は良い

Raspberry Pi 4にインストールしたUbuntuServerでも、快適に利用できました。Wi-FiのLAN環境でもWebブラウザ経由で確認できるのは楽です。

Raspberry Pi も電源に差し込むだけで、小さい筐体ですから邪魔になりません。

何よりも消費電力が掛からないのは精神的にも気楽です。年間で2〜300円ですから!

実際に使うための設定はこちら

目次
閉じる