Amazonマーケットプレイスの手数料が値上げ(書籍・CD・DVD)

個人的に購入も販売も何度か利用したことのあるAmazonマーケットプレイスの手数料が上がります!今回はメディア製品です。

これまでカテゴリによっては手数料が高くて、ヤフオクの利用と迷っていました。ただ、かなり売れるマーケットなのは魅力的です。買う側としても送料分を考えても確実に手に入る(オークションでは落とせない場合もある)ことを考えて、物により使い分けています。

スポンサーリンク

送料も含んだ手数料計算

今日届いたメールにはメディア製品の手数料の値上げとあります。※他の製品がどうかは私が利用いていないので分かりません。

10月下旬から手数料が実質的にあがります。※小口出品と大口出品とでは基本が異なります。

これまでと大きく違うのは、(商品価格+送料)×15% という送料を含めた価格の手数料だということです。

しかもこの送料は大口出品に限り出品者が自由に決められるということです。

そうなると、これまでは商品単価だけでは最安値の差別化出来なかった。例えば1,000円の単価でも送料が書籍なら257円かかりました。FBAを利用してプライム対応にしてある出品者とは明らかに負けてしまいます。

これが今度は(大口出品者に限りますが)込み込みの表示になるので、プライム対応と同じ1,000円で対抗できます。しかし、その分の送料を購入者から別途いただけていたが、対抗するためには送料部分も努力して経費を落とさないと(もしくは利益を薄める)売れなくなりますね。

しかも、手数料が送料分にもかかるということになるので、全てにおいて値上げしなくてはなりません。

現在の中古市場

お気づきの方もいらっしゃいますが、大方の商品でヤフオクの実質落札価格と比べると1割程度はAmazonのマーケットプレイスの方が高い設定の業者さんが増えました。仮にそうだとしても手数料を考えるとヤフオクの方が利益率は高い。しかし、売れやすいかというとAmazonの方が売れやすく、ヤフオクは売れ残ることもあります。

もちろんヤフオク自体もだいぶ末期状態で、売れないのならまだしも、落札されても落札者と連絡が取れないような事案もかなり目立ってきました。いたずら入札やら、明らかに中華圏や東南アジア系の出品者や落札者が増えました。本当に身元確認しているのだろうかと疑問です。

(※個人的にですがヤフオクの利用を完全に辞めました。ストレス溜まって仕方ありません)

このAmazonマーケットプレイスの手数料値上げによってAmazonの寡占化もまた問題になるでしょう。配送業者ヤマト運輸とのもつれやら、個人配送業者の遅配問題など、ネットショッピングの要がほころんでいる今、個人の売買を閉め出すかのような手数料の値上げはどうなるのでしょうか。
アマゾン、納入業者と最安値契約廃止 独禁法調査受け  :日本経済新聞
Amazonのマーケットプレイスでの売買に、個人としてはあまり魅力も無くなりました。例え1,000円で売れても、送料分と手数料、そしてカテゴリ成約料を差し引くと、実質的には半値の500円程度の利益になります。物によってはカテゴリ料やらの金額も変わりますし、送料がだいぶ変わります。4割程度の利益と考えると、まだヤフオクの方が実入りが大きい。

しかし、そのヤフオクにしても落札されない、またはされても取引できない。

もっと言うと、メルカリのような個人フリーマーケットタイプも、訳が分からない勝手なルールでが蔓延っていて、理解出来るのは昨今の若者だけの特別な世界です。

付け足すと、Amazonのユーザー意識のせいで、仮に故意に商品を破損させ、壊れていたと難癖を付ければ、何の調べもせずにユーザー側の送料負担なしに返品扱い。商品を壊されて(汚されて)泣き寝入りの出品者という構図も多々見受けられています。

では、街の様々なショップに中古として持ち込んでも、ネットの売買よりも更に極端に低い金額でしか買い取りしてもらえない現状です。

最早、購入した物を売るという行為自体があまり魅力的にはなっていません。

Amazonを初めそういった市場を否定はしませんが、利用はしなくなり、新規で購入する物についてもかなり厳選して物を増やさない方向が望ましく、無駄な出費も防ぐ世の中になったと感じます。

今後はeBay(セカイモン)とかの海外へ販売する方がまだ取引価格は高いかも知れませんね。

以下、お知らせメール内容

出品者様

こちらのメールはメディア製品(書籍・CD・DVD)を販売している出品者様にお送りしております

この度、当サイトのAmazonマーケットプレイスにおけるメディア製品(書籍・CD・DVD)の販売に関するサービスの変更予定について、以下のとおりご案内申し上げます。

現在、当サイトでは、メディア製品(書籍・CD・DVD)のお客様向け配送料を一律に設定しておりますが、出品者様の配送の実態に即した柔軟な配送料の設定を可能とする機能を、2017年10月下旬から大口出品者様向けに提供させていただくことを予定しております。現在ご利用中の配送設定および配送料金については、同機能の提供開始日以降も引き継がれますが、大口出品者様におかれましては、設定内容を再度ご確認の上、本機能改善のタイミングに合わせて、必要に応じて設定をご変更頂きますようお願いします。なお、小口出品者様におかれましては、引き続き一律の送料が適用され、本機能はご利用頂けません。

また、上記の機能改善と併せて、メディア製品(書籍・CD・DVD)の販売手数料・カテゴリー成約料につきましても、以下の改定を行います。改定後の販売手数料・カテゴリー成約料は、上記機能の提供開始日の受注分から適用されます。この販売手数料・カテゴリー成約料の変更につきましては、大口・小口含むすべての出品者様に適用されます。改定内容をご確認の上、ご準備の程宜しくお願い申し上げます。

なお、諸事情により、上記機能の展開および手数料変更の予定に変更が生じる場合がございます。変更が生じた場合は、速やかに案内させて頂きますのでよろしくお願いいたします。

[商品のカテゴリ]
書籍

[手数料計算方法 上記機能の提供開始日前]
販売手数料:商品価格×15%
+
カテゴリー成約料60円
※小口出品の場合、基本成約料100円が別途発生

[手数料計算方法 上記機能の提供開始日以降]
販売手数料:(商品価格+送料)×15%
+
カテゴリー成約料80円
※小口出品の場合、基本成約料100円が別途発生

————————————————

[商品のカテゴリ]
CD/DVD

[手数料計算方法 上記機能の提供開始日前]
販売手数料:商品価格×15%
+
カテゴリー成約料140円
※小口出品の場合、基本成約料100円が別途発生

[手数料計算方法 上記機能の提供開始日以降]
販売手数料:(商品価格+送料)×15%
+
カテゴリー成約料140円
※小口出品の場合、基本成約料100円が別途発生

デジタルジュン

「習うより慣れろ」「好きこそものの上手なれ」

スポンサーリンク
スポンサーリンク