Amazonがお得なのはプライム会員だけ?!今すぐ会員の恩恵に預かろう!

音声認識で動かす家電や仕組み

電子レンジにアレクサが搭載されたり、これから冷蔵庫にもAmazonと連携したり、そういったニュースも珍しくなくなってきました。

Alexa内蔵の冷蔵庫や、衣類に合わせてコースが変わる洗濯機など~IFAで見つけた最新家電たち
 2018年8月31日から9月5日まで、ドイツ・ベルリンにてIFA(国際コンシューマ・エレクトロニクスショー)が開催された。今年は去年を上回る161,200m2という広大な会場に1,814社の出展があった。その中から、生活家電を中心にリポートする。
AmazonBasics Microwave

アメリカで販売中のAmazonBasics Microwave

 

確かに便利です。リモコン要らずで誰でも操作できることになります。

ある意味でバリアフリーです。

懸念されるのは個人情報です。日本でも公正取引委員会がGAFAの4社の独占禁止法を強めて対処するニュースがありました。

IT大手、独禁法で規制 GAFA念頭に
政府は12日、プラットフォーマーと呼ばれるIT(情報技術)大手への規制についての報告書をまとめた。一部のIT企業がデータを使って市場の寡占を生むことを、独占禁止法を使って規制する。価格ではなく、取引

個人情報はどうなる

ビッグデータが叫ばれた2000年始め頃、この個人情報抜きの大きなデータとして活用する予想図でした。個人や対象を把握できないデータの活用が前提だったのです。

しかし、誰でも分かるように利用するに決まっています。

販売に関わる部分で活用するにしても、個人データが無いとそれ以上は発展しない仕組みがほとんとです。顧客情報なら資産ですけど、販売していない個人のデータがやり取りされると危険です。

この辺は個人でどうしようもない部分ではあります。マイナンバーが始まった時点で個人情報はさらけ出しているのと同じですからね。

個人的に使っているのは主にSiri

家電なんかも音声で指示できると便利なのになーと思ったことがあります。随分と昔のことで、まるでSFの世界と同じで全く現実味はありませんでした。

今やコストは別にして、様々な家電に搭載可能です。

実際に売れないと販売しないため、まだまだ多くは発売されていません。

 

その中でもiPhoneのSiriが登場した時から使っているのは、車のカーステをiPhoneに対応の製品にして、iPhoneのSiriへ「Siri、次の曲に変えてー」や、「今から行くと◎◎にメッセージ」とか、とても便利に使っています。

秘書までは使いこなしていません。単に手が離せないとか、ほんの少しのことを音声で済ませることで、後にしようと思ったことが減りました。

これから

エアコンにしても「ちょっと寒い」と言えば調節してくれればいいし、冬の加湿器だって設定された湿度以下になったら点けば、軽い風邪は引かなくなりそうです。

 

他にもテレビの録画予約だって、面倒な操作なしに「録画してー」でできますよね(もうある??)

およそリモコンでやっていることは音声に変えられますね。

全部は要らない

一方でなんでもかんでも音声認識でやり取りするのも困りものです。

中にはひっそりと使いたい物もあるでしょう。

女性なんかは体重計と話したくはないと思います。「増加しています」とか改めて言われたくない。

男性も

 

その際たる物がウォシュレット?

もしもウォシュレットが音声認識に対応したら・・・。

 

アレクサ、お尻洗ってー。

 

イヤだな・・・。

 

アレクサ
アレクサ

本日は320グラムでした。

 

測るな!!

 

アレクサ
アレクサ

血液が検出されました。病院を予約しますか?

 

やめろー!

 

多分、ウォシュレットは最後まで音声認識に対応しないと思う。

コメント