注目のキーワード

リモコンを1つに集約できるクラウド型スマートリモコン「surco」

増え続ける家電、コンセントが足りないだけでなく、そのリモコンも同じだけ増え続けます。

開発は「AIFA Technology」で、日系家電メーカーのリモコンを製造してきた台湾の大手リモコンメーカーです。このブランド名は「simple cocoon」となります。

簡単に言えば、スマホをリモコンにしてしまうということ。

一つのリモコンで家電すべてをコントロールできたら、確かに便利です。

このsurcoが対応している家電の種類は大きく8種類。独自の家電を3種類追加可能だから合計で11種類の家電をコントロール可能です。

しかも、surco自体がネットに繋がるため、クラウド経由で外出先からも制御ができます。

更に[amazon asin=”B07P86XC4P” kw=”Echo (エコー) 第3世代 – スマートスピーカー with Alexa、チャコール” border=”0″ title=”Amazon AlexaのEcho” text_only=1]とGoogleHomeにも対応しているため、音声で操作も可能です。

2020年4月までGREEN FUNDINGにてクラウドファンディングを行っていました。

日本用にアプリも日本語化され、クラウドファンディング後には一般販売もリリースされると予想できますが、7月頃まで当面はクラウドファンディングのみでしか手に入れることができません。※現在は一般販売されています。

台湾はITが昔から盛んです。しかし、こういった製品が日本発では無いのは残念に思います・・・。とてもシンプルなインターフェイスで、魅力ある商品ですね。

今ある家電を買い換えずにスマートホームを実現。テレビ、セットトップボックス、DVD、ステレオ、スピーカー、エアコン、シーリングライト、Dyson扇風機、ロボット掃除機などの家電に対応できます。

GreenFunding:https://greenfunding.jp/lab/projects/3136?planner_id=39926