Amazon Prime Videoチャンネルがサービスイン

2020年から始まるプログラミング授業の必須化に準備していますか?

Scratch 情報

再来年の2020年から始まる小学校のプログラミング授業はご存じですよね。今現在、小学生の保護者や、未就学児の保護者、そしてこれからお子さんをもうけようとしているご夫婦も他人事ではありません。

今のうちから情報だけでも集めていた方が安心ですよ。

実際の授業はどうやって教えるのか?

細かい点は他のサイトに譲ります。まだ詳細は決定していないものの、どういった形で授業が行われるのかご紹介したいと思います。

 

小学校は各学校の現場によって決められます。意外なのですけど、国からの方向性に沿うだけで実際に決めるのは学校ごとなんですね。だから、どのような授業になるのかそれぞれ違うため教育格差も出ると懸念されています。

 

プログラミングということですから、無から何かを作って動作させるということになります。それがロボットを使ったものであったり、単にPC上で動きを付けることであったり、理科や社会、国語といった従来の授業に組み込んだものもあるでしょう。

漢字を覚えるツール、理科の実験のようなもの、社会の予測プログラムなど、簡単ではあるもののプログラムの基礎を理解するといったものになるようです。

 

大きな意味として、普段使っている機械が勝手に作られたのではなく、誰も理解できないものでもなく、それは人が指示命令させているという原理原則を教えることだと思います。

よく、電子機器などの優れている機能に「お〜」と驚くのではなく、それがどのように制御されているのか大まかにでも理解できる人材の育成が必要だからです。

理論として考え方として、プログラミング的な考え方は確かに必要です。小さい頃からそういった教育を受けていれば、少なくても抵抗感は無くなりますね。

遅れているIT技術

他国と比べてもだいぶ遅れています。プログラム自体が英語を基本としているのも英語が苦手な日本人には敷居が高いためです。

AppleやGoogle、Amazon、Twitterといった有名なIT企業が日本からは生まれていません。単純に人材不足ということです。裾野が広がっていないこと、そういう仕事が身近な存在になっていないからです。

 

実際に今後問題になると思われるのが、その指導にあたる人材の不足です。そもそも小学校の教師というのはあらゆる仕事をこなしており、残業などが社会問題になっています。ここに更にプログラムの授業となると完全にお手上げですね。

実際には専門家に依頼する形になる学校がほとんどだと思います。週に数時間程度ということなので、そういった講師を派遣する会社が増えることでしょう。ただ、そうは言っても数が多いですし、高校とは違う児童に対してなので教える講師の適性も問題になると思います。

何で教えるのか?

恐らくMIT(マサチューセッツ工科大学)が開発しScratch財団が運営する「Scratch」(読み:スクラッチ)というツールを利用する学校が大半を占めると思います。

Scratch

ex:scratch

このScratchはもちろん無償です。誰でも利用できます。そのため自宅で予習・復習もできますね。親御さんとしてはプログラミングの授業はそれほど重きを置かず、これまでの基礎科目に目が行きがちです。もちろん基礎科目ができないでは困りますが、大人として将来の仕事や生き方に手に職を付けるというのは有効だと実感しているハズです。

これからの時代はプログラムが出来て当たり前とまでは言えませんが、得意であれば非常に身を助ける一つになることは想像しやすいでしょう。

 

Scratchは日本語で利用できるツールですから、この時点で英語は必須ではありません。しかし、英語も必須となる現在、プログラミングは英語が出来ると更に理解を深めることが可能です。なにせ最新の情報は英語ですし、コードを書くというプログラムは全て英語です。結局、英語が出来ないと色々と不利・不便なのです。

自前で用意できます!

実はScratchは誰でも利用可能な教育プログラムです。これは自宅でも容易に揃えることができます。

何も新しいマシンを用意しなくても、古いパソコンにインストールしてもいいですし、今流行のlotデバイスであるRaspberry Pi をお子さん用にセットアップしてもイイでしょう!

また、世界的に人気のMinecraft(マインクラフト)も取り入れられるかも知れません。実際にアメリカの学校などではMinecraftを授業で教えています。

 

なんとRaspberry Pi のOSであるRaspbianには最初からScratchとMinecraftが入っています!!

 

こういったプログラミング授業は、実際に授業が始まってからでも遅くはありません。しかし、親御さんである保護者としては事前に準備しておきたいと思いませんか?w

先ずは自分で試してみる。そして、プログラムに関する自治体の取り組みや各種サービス、サマースクールなどの情報を集めておくのも必要でしょう。

2018年現在で、熱心な親御さんは既にお子さんをそういったセミナーやワークショップに参加させていますね。民間のサービスが多いのでそれなりに費用もかかります。2020年には専門の塾なども増えるでしょう。

とりあえず触れてみることはオススメします。

新たに揃えても費用も1万円程度ですよ。Raspberry Pi なら使用時にネットに繋げなくてもOKですし、基本はLinuxなので勝手にゲームソフトをインストールすることも出来ませんから、シンプルにプログラミングを楽しめます。

親も必須?!

親として教えてあげられたら尊敬されちゃいますね!「パパ、すごーい!」「ママ、なんで知っているの!」

Scratchなどは大人でもハマれます。論理的に考え、実際に思ったとおりの指示ができると単純に嬉しいものです。頭の体操だと思って大人も一緒に勉強したら、実生活にも役立つことも多いと思いますよ。

 

ちょうどAmazonのセールもあります。また、新しいRaspberry Pi 3B+も販売開始しました。それに明日からでも梅雨のシーズン到来です。自宅で過ごすことが多い中、テレビゲームをされるよりもプログラミングを勉強の一環としてお子さんにも慣れさせるには最適かも知れません。その後に夏休みの自由研究でも活躍しそうです。

 

これからプロフラミング授業の必須化がニュースで増えてくると思います。情報だけでもキャッチしておきたいですね。

 

Scratch - Imagine, Program, Share
Scratch is a free programming language and online community where you can create your own interactive stories, games, and animations.

 

 

保存保存

保存保存

「習うより慣れろ」「好きこそものの上手なれ」

コメント