[初心者向け]スマホの選び方(iPhoneとAndroid)

初心者の方からよく聞かれる質問があります。

「iPhoneとandroidのどちらのスマホを使った方がいい?」

厳密に言うと、設計思想から使い勝手は違いますし全く別物と言えますが、そのスマホで何をしたいのか、母艦であるパソコンは何を使っているか、家族や親しい人は何が多いか、などにより総体的によりベターな回答をしています。

しかし、ご本人が好きなスマホを選べば良いだけで、違いが分からないというなら、そもそもどちらを使っても不満はあるでしょう。

スポンサーリンク

Androidとは?

簡単に説明すると、Google社の製品ですが、他の会社もAndroidスマホを製作して中身をAndroidにすることができます。ですから、Google社のスマホというより、Androidを採用している各社(日本でいうところソニー製など)のスマホです。

外観(ハード)が各社、中身(OS)がAndroidであり、多くの企業が製作、販売しています。

価格も様々で、1万円台の物も5万円、7万円など各社の戦略によります。見た目も本当に様々ですので、選べるという意味では利点でもありますが、初心者は逆に多くあり過ぎてどこが違うのか選ぶのに迷うことになります。

また、外部記憶装置としてSDカードで容量を増やせます。そのためデータとして写真などを今までのパソコンの延長の感覚で容易に管理できます。(私からすると手作業が煩雑になるので、時間がかかることで面倒なことはあります)

iPhoneと違い、カスタマイズの幅もあり、自分の好みで使い勝手すら変更することができるため、その部分は初心者にはとっつき易いかも知れません。

また、基本的にWindows環境下での使用にほぼ限定されます。Apple社のMacを利用している場合、iPhoneを選ばない理由がないからです。


Android | Google のモバイル OS アンドロイド

iPhoneとは?

こちらは更に簡単な説明で済みます。Apple社のスマホだけがiPhoneです。他社はiPhoneを製作できません。見た目も中身もApple社の意向通り、決められた表現で使用することになり、自由度はAndoridと比べてかなりありません。現在まで外部記憶装置のSDカードも差せませんから、最初から内部の容量のまま利用するしかありません。

Macを使用している前提で開発されていますが、間にiTunesという管理ソフトウェアを利用することが前提のため、Windows環境下でもほぼ同様に利用することができます。

世界のシェアは過半数はandroid

初心者の方のお話しをよく聞くと不安なだけなようで、そうそう安い買い物でもありませんから、賢く無駄にしたくない思いからの質問です。だから、あまり具体的に違いを知りたい訳では無いことが多く、最近では世界のシェアについてお話し、androidを案内することが多くなりました。

世界では約6割がandroidのスマホです。恐らく価格の面で経済が不安定な国や地域の数が多く占めていると思います。日本でも見かけはiPhoneが多く感じられますが、多少シェアが他国よりも多いくらいであまり差はありません。

デスクトップOSのシェアはやはりWindows

圧倒的にWindowsです。Macはかなりシェアが少ないです。そもそも昔から高級路線かつ個人向けのApple社ですから、企業が大量に採用することはありませんでした。タブレット端末の先駆者ということもあり、タブレットのiPadは徐々に企業や教育現場に浸透してきています。しかし、Windowsの大規模には到底敵いません。個人向けは大きく変わらないでしょう。

簡単な公式

Windowsのパソコンをお持ちならば、Androidのスマホで充分です。もちろんiPhoneを選択しても全く問題ありませんが、設計思想が違うためWindowsと同じ感覚ですと不便さを感じると思います。

  Windows PC = Androidスマホ

Macのパソコンを利用していれば、iPhoneで決まりです。敢えてAndroidのスマホを選択するとやはり不便だと思います。

  Mac  = iPhoneスマホ

ただ、OSシェアでWindowsは90%なのに、Androidスマホは60%、一方、Macは7.8%に対し、iPhoneは31%ですから、仮に相対的に考えた場合、かなりの割合でWindows+iPhoneの方も多いということになります。

使用したいアプリが必ずしもどちらにもあるわけではない

どちらのスマホもアプリをダウンロードすることで機能を拡張できます。その際、どちらにも同じアプリがあることが多くなったせいか、初心者の方は当然だと思う方が増えました。しかし、必ずある訳ではありませんし同じ操作とは限りません。使いたいアプリのジャンルによってどちらかを選ぶ基準にしても良いかも知れません。

ただ、主だったソーシャル系のアプリ(Facebook、Twitter、Instagramなど)や写真アプリなどはどちらのスマホにも展開しています。あまり気にする必要はないと思います。

初心者にこそiPhone

基本的にはどちらでも構わないと思いますが、操作感から言えば、初心者の方にはiPhoneをお勧めしたいです。シンプルな表現ですし、Androidのように選ぶのに迷いません。Windowsのようにファイルやフォルダの概念は少なくともiPhoneでは感じることは少ないと思います。直感的に使用出来ることは初心者には優しいと思います。

ただ、価格が高めのためにお勧めしても躊躇する方が多いですが・・・。

逆にWindowsを普段からよく使う人は、カスタマイズが容易なAndroidスマホの方が楽しめると思います。ファイルの連携もSDカード経由でも構いませんから、その辺は従来通りで納得できるかと思います。

また、スマホはAndroidでもタブレット端末はiPadという組み合わせも良いかも知れません。これであればWindowsでもMacでも無理がないと思います。反面、アプリは別々に導入しないとなりませんし、スマホとタブレットの連携が難しいため最大のメリットは薄れます。

現在お勧めしているのは

  • Windows PC利用者 → Androidスマホ
  • PCを持っていない方 → Androidスマホ
  • Windows PC利用者でiPhoneが気に入った方 → iPhone または タブレットのiPad
  • Mac 利用者 → iPhone一択
  • お子さん用 → 安いAndroidスマホ
  • ご年配 → iPhone または タブレットのiPad

もちろんケースバイケースですが、大体ご満足いただけています。

デジタルジュン

「習うより慣れろ」「好きこそものの上手なれ」

スポンサーリンク
スポンサーリンク