ApplePay開始!Suicaをオートチャージ可能なクレジットカードは?!

本日10月25日(火)、ついにPayのサービスが開始されました!

朝からSuicaの利用が増え、一時は繋がりにくくなるトラブルに見舞われたようです。

いつもの10倍ということですから正に想定外のアクセスだったのでしょう。

反ってiPhoneの人気ぶりが際立つニュースになっています。

※Payと表記されるリンゴマークはMacならば”Shift+Option+k”で入力可能です。

そんなSuicaとApplePayを便利に使うサービスのひとつにSuicaのオートチャージがあります。

SuicaをチャージするにはJCBまたはMasterCardの国際ブランドカードで可能です。ただ、これはチャージだけです。

改札を通る前には残高を気にしなければなりません。私はあまり電車を利用しない地域ですので、たまに乗る際には券売機で残高を確認して利用していました。面倒な上、いくらチャージしようかいつも迷います。

その煩わしさをゼロにしてくれるのがオートチャージです。

これはSuicaの残高が500円を切ったら2000円チャージする、といった設定に合わせて自動的にクレジットカード(後払い)にてチャージされるという仕組みです。

無論、クレジットですから翌月からの支払いになります。

それでも残高不足に悩むことなく改札を通れるという利点は大変大きいです。

たまったときめきポイントをSuica(電子マネー)に交換できる
イオンSuicaカードをご利用いただいた時にたまった「ときめきポイント」を「suica電子マネー」に交換可能です。

※オートチャージにはVIEWカードが必須です。

ただ、イオンSuicaカードのようにカードに付帯しているSuicaは登録できないため、オートチャージとして登録するしかありません。

Suica自体は別の物か、SuicaアプリでバーチャルなSuicaを新規発行して利用します。

現在所持しているSuica(無記名)カードはお財布に入れて単独で使用し、iPhone7には新規発行のSuicaを記名式で利用し、このイオンSuicaカードでオートチャージさせるのが適当かと思います。

ポイントに拘らなければ、Suicaの支払いは使い勝手で快適です。

個人的に生活に関する決済はこのイオンSuicaカードにして、別に所持しているJCBのプロパーカードを旅行や保険料、年に1回の大型出費などで対応しています。

これで地方でも決済が楽になります。Suicaに対応していない店舗などはそもそも他の支払いにも対応していません。そこは割り切って現金にはなりますが、小銭を所持する程度で事足ります。

今度はお財布自体を小銭入れに拘った品に変えようと思っています。

これはベタですが、こんなで問題なくなりますね。色展開が豊富でお手頃価格です。

電車をあまり使わないならば、オートチャージはあまり必要ではありませんから、お手持ちのクレジットカードで手動にてチャージすれば良いだけです。

イオン系ならば、イオンカードセレクトがお得です。

※注意 国際ブランドはJCBかMasterCardにしましょう。VISAはiPhone7には2016年現在対応していません! 



イオンカードセレクト

Web限定でイオンカードご入会・ご利用キャンペーンをしています。

キャンペーン期間中にときめきポイント最大5,000ポイント(5,000円相当分)をプレゼント!

クレジットカード + イオン銀行の口座 + WAON(電子マネー)

普通預金0.12%になります。

もちろん、お持ちのVISA以外のクレジットカードを登録すればチャージそのものはできます。

今後、もっとiPhone7とSuicaでの使い勝手は検証していきたいと思います。

こういうサービスやハードを販売できない日本はどうなの?って思います。Suicaという素晴らしいサービス網を外資に取られるのですからね。

んー、勿体ない。

デジタルジュン

「習うより慣れろ」「好きこそものの上手なれ」

スポンサーリンク
スポンサーリンク