Freetelが新機種と新サービス発表 [2016.10.06]

Freetelユーザーです。サンプルと揶揄されたSimpleもdocomoのカケホーダイSIMで利用中です。

そのFreetelが新サービスと新機種を発表しました。

報道関係各位                                             プラスワン・マーケティング株式会社 2016年10月6日 「FREETEL World 2016 ...

ざっと読んでも当初の理念?とやらはどこへという感じで、複雑怪奇になってきました。

新機種はまぁ、いいとして、サービスは「キャリアよりも簡単に安く」という話はどこへ行ってしまったのか・・・。

Freetelのみならず最近の格安SIMはすべてが複雑になってきました。結局はキャリアよりも安く速度が遅いSIMとなりつつあります。

もちろん、MVNOなんだから本家のdocomoよりも速度や通信品質は求めていませんが、2年縛りがないくらいで、他は結構な面倒くささになりました。

スポンサーリンク

新サービス

新機種はスルーします(笑)

新サービスとして6つあります。

いつでもスマホ「かえホーダイ」(0円スタートプラン)

【かえホーダイ(0円スタートプラン)概要】
対象者:かえホーダイ(0円スタートプラン)をお申し込みの方
スタート日:2016年10月6日(木)
適応条件:
・交換元端末および保証書の返却(端末は画面破損・水漏れがなく電源が入ること)
・交換元端末をかえホーダイ(0円スタートプラン)で購入して半年が経過していること
・10月6日に購入の場合は2017年4月6日以降受付可能
・交換時に交換先端末のかえホーダイ(0円スタートプラン)に加入すること
・交換元と交換先の端末は、別の端末であること
概要:
かえホーダイ(0円スタートプラン)の契約者は、契約開始から半年経過以降、
別端末のかえホーダイ(0円スタートプラン)への乗り換えを行う場合、
当初加入分について端末を返却を前提に残債を免除します。

FREETEL SIM 新プラン①
12月サービス開始予定

LINE(音声通話)、Facebook、Twitter、Instagramも
データ通信料無料化決定!

FREETEL SIM 新プラン②
11月1日サービス開始予定

パケットの翌月繰り越しとチャージに対応
使い切らなかった通信容量は翌月に繰り越されます。
逆に容量が足りなくなった場合は、0.5GB単位(¥500)で追加チャージが可能です。

FREETEL SIM 新プラン③
11月1日サービス開始予定

大容量プランを追加
みなさまからのご要望にお応えし、10GB以上の大容量プランをご用意。

94ed160662be198949535a112047e9b4

初期費用299円
「全プラン対応パック」

今まで3,000円だった初期費用がなんと299円になって新登場!
10月18日新発売

業界初!全SIM対応電話かけ放題アプリ
「だれでもカケホ」

66c19942ab4ba346fdb64ccc04cde3738
月々299円からかけ放題

11月下旬発売予定

私の通信環境

まず、私は2台持ちです。ガラケー+SIMフリーiPhone5SEです。

FreetelのSimpleというガラケー崩れにdocomoのカケホーダイSIMを差しています。

docomo

これがカケホーダイ2200円+docomo以外の携帯だから500円取られて(指定外デバイス利用料)2700円(税別)+ユニバーサル料金3円=2919円(税込)

Freetel

そしてFreetelの使った分だけ安心プラン(ドコモ回線)for iPhone データ専用+SMSを利用していて、1GB未満なので639円(税別)+ユニバーサル料金3円=693円(税込)

これで合計が、3612円(税込)

確かに充分に安いです。カケホーダイなので気兼ねもしません。docomoの携帯ならばもう540円安いので、実質約3000円です。

満足は満足なんですが、通話はほとんどしていませんから、これをまだ1500円くらい切り詰められそうです。

そこで・・・、

SIMの見直し試算

ちょうど年内にはdocomoの2年縛りが終わるため、新たに節約しようと考えました。

このガラケー(と言ってもFreetelのSimple端末)は通話はカケホーダイほど要りませんから、たとえ30秒10円だとしても、Freetel音声通話の基本料金999円(税別)とあと400円くらいの通話だとすれば現在の半額になります。400円というと、30秒10円ですから、20分の通話または31秒でも20円ですから、31秒で20回分の発信だとすると現在の使い方におおよそ合いそうです。

その代わり着信専用としてですから、かかってきた電話は逃さず出る!という素早さは必須になります(笑)

さらに・・・、

iPhone5SEも通話できるようにするとなると便利です。これは通話できるSIMの最低料金が999円ですが、データで1GBは使ってますので、1199円ですね。

音声SIM

これにやはり通話で400円〜600円は使用すると考えると、約1800円程度で今までと同じデータ量と最低限の通話は確保できます。

現在の約3600円からすると1台持ちに変えれば半額になるというわけですね。

ただ、Simpleは使わなくなる。それも2台持ちの利点もあって、小さいSimpleという端末はポケットに楽に入れられて仕事では重宝しています。これがiPhone5SEとなるとあまり乱暴に使えないのと汗には気をつけないといけない。意外と胸ポケットに携帯を入れているとぶつかるんです。Simpleだからまぁいいかと目を瞑っていますが、iPhoneでは怖い。

かといってFreetelに一本化するとなると、2台持ちでは音声で999円+600円となり約1600円、iPhoneで通話とデータで約1800円。合わせて約3300円になる。これでは意味が無い。

指定外デバイス利用料が無ければ現在の運用の方が安くなってしまいます。

しかも新たに音声付きSIMにするには変更できないので解約&新規契約となり、それぞれ初期投資で3240円×2枚分となってしまいます。

但し、この金額は、1年間基本料0円キャンペーンという名の毎月299円引きがありますから、1年間使えば1枚分にあたるの3289円は戻りますから、今なら初期投資分は1年かけて回収できます。

このキャンペーンは2016年9月8日から開始され、終了は未定です。要はFreetelの都合によるので早めに購入してください。(恐らく今月の10月18日に終了?)

また、このキャンペーンを利用しなくても10月18日に新発売のSIMなら3240円ならぬ299円で購入できます。(だから1年間0円キャンペーンはそこで終了するような気がする)

新発売FreetelのSIM

これね、数字のトリックでどちらも同じなんです。まっ、お得というか値下げには違いないから、騙されるというようなことではなくて、それをもっともな割引として凄いと思わせることはどうかと思う。

10月18日以前に購入のSIM

3240円(税込)で、1年間割引あり(299円/月)

料金表1

私の場合は1GB 未満なので900円になりますね。299円引きというのが12ヶ月続くわけです。

すると、初期投資3240円なものの、299円×12ヶ月=3588円の割引なので、実質が-299円。

10月18日以降に購入する新SIM299円

323円(税込)で、割引はないため、

料金表2

同じ1GB だと1199円(税別)になります。

ただ、初期投資が323円なので、先程の3240円との差は2917円です。

毎月の割引が1年間ないでの、この2917円を先程の割引されていた299円と比べると、9.7ヶ月分の割引と同じです。

従って、1年間使うという条件ならば1年間0円キャンペーンの方がお得ですが、9.7ヶ月以内にどこか途中で乗り換えるならば、10月18日発売の299円SIMの方がお得になります。

※間違っていたらすみません。

しかも、これは定価の3240円での購入という前提ですが、量販店、いやそもそもFreetelのe-SHOPがAmazonで売っている同SIMは2980円ですよ!プライム会員なら送料無料。

この商品は、FREETEL e-SHOPが販売し、Amazon.co.jp が発送します。

今なら260円も割引のため、差額は2657円です。299円で割ると、9.97ヶ月なので約10ヶ月となり、12ヶ月割引と2ヶ月分しか変わりませんから、299円×2ヶ月=598円。

12ヶ月が割り引き縛りだと思うと、新SIMの初期投資が少ない方が精神的には楽です。先に割引の恩恵を受けておけば10ヶ月以内に格安SIM会社を気兼ねなく変更できます。違約金もありませんから。

各社がサービスや料金にてこ入れしてますから、約10ヶ月も使うかなー?といった具合です。

個人的には299円で初期投資が少ない方がお得だとは思います。

2台持ちからiPhone1台体制へ

iPhone1台の体制にした方が私の場合はお得になる計算でした。

仕事で乱暴に扱わないことを気にすることと、カケホーダイではなくなるのをどこまで通話料を負担するか、その変動する金額をどう捉えるかで約半額になるものの悩みます。

新サービスの5分カケホーダイを電話かけ放題アプリ「だれでもカケホ」で利用すればもっと多くの時間の通話ができます。月額840円負担が増えますが、それでも先程の試算の約1800円と合わせても約2640円になり、400円〜600円と想定した電話代がアプリ経由でほぼ0円になるのならば、1199円(税別)=1295円(税込)+840円=約2200円となりますから、現在の約3600円と比べて約40%を節約できる計算です。

※間違っていたらすみません

それなりに通話ができてデータ1GB で済むなら、スマホ代が2200円程度なら安いです。

さて、どうしたものか・・・。誰でもカケホのサービス開始も含めて年内は悩みます。

デジタルジュン

「習うより慣れろ」「好きこそものの上手なれ」

スポンサーリンク
スポンサーリンク