電子書籍を読むのに最適な方法

電子書籍元年からタブレット端末などで読書する文化がどの程度浸透しているのか分かりません。私は半々くらいの割合で本という形と分けて読んでいます。

実際の本で話をすると、そもそも手頃に買える文庫(500円台〜700円)はそれはもう完成されている形に思います。鞄にサッと仕舞える大きさで正にスマホの画面2画面分の大きさです。価格も電子書籍のそれと変わりません。ですので文庫を電子書籍として買うのは同じことと捉えればどちらの形式で読んでも良いと思います。

スポンサーリンク

電子書籍に適しているのは?

この文庫を基準にすると電子書籍の特性から3点が思い起こされます。

  1. 大きさ [雑誌・文庫本]
  2. 価格 [文庫・新書・漫画本]
  3. 順番 [小説・エッセイ]

大きさ
大きい物ほど持ち運びに苦労するのでこれはスマホなりに収まる電子書籍に適任です。厚さも同じです。このジャンルでは雑誌や文庫本などが当てはまります。

価格
先の通り文庫の価格帯から千円程度までなら適当かと思います。これには小説の文庫版、新書や漫画本などが適任です。

順番
これは1ページ目からの連続性の意味です。雑誌などは順番に読まなくても良いため当てはまりませんが、物語である小説や漫画が適任です。電子書籍は行ったり来たりするのが苦手なため出来れば順番に読み進める方が扱いやすいです。またエッセイも順番は関係ありませんね。

この3点から私なりに思うのは、文庫本以上の大きさで価格は千円以下、小説・エッセイ・新書のジャンルが電子書籍には適任だということになります。

1,000円以下

ジャンルは小説・エッセイ・新書

これには「新書」のジャンルが特に合うと思います。新書自体もそれほど大きいわけではありませんが、薄いため何冊か同時に持ち運びできる電子書籍が助かります。

私にとって新書のジャンルは読み捨てというかサッと読んで何度も読み返す本は少ない印象です。(中には結構な回数何度も読むのはあります)また読む時間も少ないですし、ながら読書もできるほどライトなジャンルだと思います。

最近は順番に読むことだけを犠牲にすれば、雑誌も電子書籍で買うことが多いです。主に雑多なジャンルの月刊誌または、趣味の雑誌(バイク)です。タブレット端末であれば意外と快適に読めます。

問題は電子書籍を購入するプラットホームです。Kindleがいいかhontoがいいか、Appleか、特徴も多種多様で悩みます。

皆さんはどのプラットホームで購入することが多いですか?

デジタルジュン

「習うより慣れろ」「好きこそものの上手なれ」

スポンサーリンク
スポンサーリンク