Amazonがお得なのはプライム会員だけ?!今すぐ会員の恩恵に預かろう!

【悲報】Amazonプライム会員費の値上げ!アメリカよりもまだマシ?!

悲報Amazon値上げAmazon
この記事は約4分で読めます。

ちょうど1年前のこと、Amazonプライム会員費がアメリカ本土で値上げされてから、日本もいつからそうなるのか、またいくらになるのか気が気ではありませんでした。本日2019年4月12日から事前情報無くいきなり会員費の値上げとなり驚きです。

Amazonプライム会員費の値上げはいずれ日本でも?今のうちに会員になっておくのが得策です。

今年1月に引き続き今度は年額払いも値上げの発表!米Amazonプライム会員費

 

値上げと報道された後にAmazonからメールが届いています。

Amazon-email

いくらになったのか?

日本では年額プランで3,900円4,900円となり、月額も400円500円へ値上げされました。

また、AmazonプライムStudentも年額2,450円、月額250円に変更されています。

消費税が10%に上がっても同じだと思うため但し税込の価格なのでまだマシです。もしも消費税増税で更に上がることを予想するなら、それでも今加入しておいた方がまだまだマシです。

この年額で1,000円をどう思うか?は人に依ります。しかし、本国アメリカと比べればまだまだマシな金額かも知れません。

他国と比較(本国アメリカ)

年会費プラン月額プラン適用
アメリカAmazon119ドル
(日本円で約13,090円(110円換算))
12.99ドル
(日本円で約1,428円(110円換算))
2018年5月11日
日本Amazon4,900円500円2019年4月12日

アメリカでは単に国土も広く配送が大変なことは容易に考えつきました。しかし、日本もまた人手不足や配送サービスのスピード化により、全く追いついていない実情は皆が感じていることでしょう。

そういった意味では値上げも致し方ないとは思います。

それでも日本は年額払いなら4,900円なので、月換算では408円程度です。月に1回でも注文することがあるならば、全く問題無いレベルです。

他にもプライムの特典であるプライム・ビデオに代表されるように、追加費用なしで利用するサービスを1回でも利用すれば元は取れると言えます。

流石にアメリカのように年額で13,000円を超えるようでは躊躇してしまいます。そういう面ではまだこれから会員になっても良いでしょう。

 

実はこの値上げは日本においてははじめての出来事です。アメリカでは何度か値上げされていても会員数は伸びています。日本もまだまだプライム会員ではない人も多いため、数年後にはまた値上げが実施されると容易に想像が付きます。

まだ無料の会員であれば、この1年間のAmazonの買い物をした結果、いくら遣ったかを把握して、有料のプライム会員へステップアップする良い機会だとも言えるでしょう。

アメリカ並みの年会費になることはあまり考えられません。実は日本の方が売上が良いらしいです。Amazonにとっては大事な市場です。

 

唯一考えられるのは、公正取引委員会がAmazonのポイント強制問題や法人税問題など、規制を強めると旨みが無くなり今回のように年会費の値上げという形で逆襲してくることも考えられます。

Amazonが先進的で便利なサービスを提供しているのは事実です。

しかし、他にも違反レビューやレビュー売買、中華圏の業者の大量出品問題、転売屋の存在、大きいが故に問題が絶えません。

利用する側も少し賢くなってストレスを抱えないように価格分の価値を享受したいものです。

そういう意味でもまだ年会費が4,900円なら配送の速さや様々な特典を利用するにはコスパは最強です!再度の値上げで月額ベースで1,000円に迫るなら脱会も要検討でしょう。消費増税もあり今後のAmazonの動きに目が離せなくなりました。今のうちに上手く利用したいですね。

 

個人的な感想として、あまり特典の無い時代から有料の会員だったため、現在の特典満載なら特に損には思いません。

次の(未来)値上げまで今の内にプライム特典の恩恵を受けた方がまだマシではないでしょうか。

 

Amazonプライム会費の値上げについてお送りしました。詳しくは公式ページでご確認ください。