Amazon Prime Videoチャンネルがサービスイン

E ink搭載の新型ポメラDM30発売!(2018年6月8日新発売)

ポメラDM30 デバイス

原点に立ち返った新「ポメラ」「pomera DM30」が6月8日に発売です。

本体価格43,000円+税ということなので税込で46,440円が定価です。

記事執筆の時点ではAmazon価格が38,001円(税込)送料無料で提示されています。予約受付中です。

DM30の新しいデザイン

キーボードデザイン

原点に立ち返る=ポータブックは行き過ぎ?wだったということかな。

今回の新しいデザインはとっても好感が持てます! ダークシルバーという色も重厚な印象で落ち着いています。また、ギミックも初代やDM25同様にシンプルです。DM10、20、25での剛性の弱さが見受けられません。厚みがあります。

その割に重量が上位機種のDM200よりは抑えられています。DM100より50g程度重いだけですから、サイズからしたらズッシリするかも知れませんが、DM100も軽いという印象だったので気にならないでしょう。

折りたたみ時の大きさも従来よりも三辺が1cm程度ずつ大きいだけです。ストレート型のDM200やDM100に比べれば持ち運びは楽だと思います。

ディスプレイがこれまでの4インチ、5インチより一回り大きい6インチなのもサイズ感からしたら充分です。
上位のストレート型2機種が5.7インチと7インチでした。ちょうど真ん中のサイズです。ストレート型はディスプレイに余白があったので逆に小さく見えましたね。そういった意味では最適なサイズです。

QRコード機能

サイズなどのデザインスペックはDM25と大きく変わりません。見た目はDM25の全てがより良くなったという感想です。

電子ペーパーディスプレイ搭載E Ink

このE Ink社のディスプレイはAmazonのKindle Paperwhite、電子書籍リーダー、Wi-Fi 、ブラックなどと同じです。Kindleを所持していれば分かりますが、非常に見やすくて目に優しいのです。見た目は紙に近い感覚です。

E ink

この電子ペーパーの採用がDM30の最大の特徴でしょう。

これにより見やすさと電池の持ちを実現していますね。DM25と同様に20時間持ちます。また、単三電池ではあるものの2本でOKなのは有り難いです。もちろんエネループが使えます。経済的でもあり、単四電池よりも手に入りやすい単三電池は個人的にはアリだと思っています。

 

DM30の機能

これまで通りの機能も

microUSB、またはSDカードで直接データを転送できる点はこれまで通りです。また、同じくコレまで通りQRコードで読み込ませる機能も「ポメラ」専用アプリは必要ですがスマホで受け取るのに最適です。

また、無線LAN機能付きSDカード「FlashAir」も使えますからWi-Fiは付いていませんが同様のことが行えます。

 

FlashAirとは?
SDカード単体で無線LANのアクセスポイントとして機能するため、FlashAir搭載機器同士でファイルの送受信を行ったり、PCやスマートフォンなど外部の無線LAN機器からFlashAir内のファイルにアクセスしたりすることが可能です。

引用:FlashAir™ Developers

 

ATOKが搭載されているのも同じです。ポメラにはATOKというのは外せません。「ポメラ」向け日本語入力システム“ATOK for pomera”がどの程度進化しているのか、またはこれまで通りかは公式サイトにはありませんでした。DM100の時、あまり賢い変換に感じない時が多々ありましたが、これはPC用のATOKに慣れているからというギャップです。やはりメモリなどの関係で若干劣ると思っています。これは仕方ありませんね。

ただ、ATOKではないのは考えられません。普段、ATOKを使っていない人は快適に感じると思いますよ。

上位機種の機能の取込

上位機種にあたるDM100、DM200からのテキスト編集機能を踏襲したものがDM30には搭載されています。

  1. アウトライン機能を搭載
  2. 行番号とグリッドの表示
  3. 縦書きと白黒反転
  4. 選べる文字サイズ
  5. 行間設定
  6. ショートカットの割り当て変更
  7. モバイル版の大修館書店MXシリーズ「明鏡国語辞典MX」「ジーニアス英和辞典MX」「ジーニアス和英辞典MX」を搭載
  8. カレンダーにメモが書き込める
  9. 表形式の入力も可能(但し表計算機能無し)

(画像はクリックで拡大します)

新機能と呼ばれる物は無いに等しいです。これまでの機能を洗練させての搭載となっています。

その代わりにどれも必要な機能として使えると思います。行番号はDM100でも便利でした。縦書きに対応しているのは雰囲気あって良かったです。

カレンダーと表形式の入力は要らないかな・・・(^_^;

DM30と旧機種のスペック比較表

比較するのは、現在なんとか手に入る機種に絞りました。

品番 DM25 DM30 DM200 DM100
キーボード 折りたたみスライド式JIS配列キーボード
キーピッチ約17mm
ストレートタイプJIS配列キーボード
キーピッチ17mm、親指シフト対応
1ファイルの文字制限 約30,000文字 全角50,000文字 約50,000文字 約40,000文字
本体メモリ 105MB
ファイル数制限1,000
8GB 128MB
ファイル数制限不明
128MB
ファイル数制限1,572
LCDパネル 5インチTFTモノクロLCD、VGA 6.0インチ(122.4×90.6mm)
電子ペーパーディスプレイ(E ink社)
SVGA(800×600ドット)
7.0インチTFTモノクロLCD
WSVGA
バックライト搭載
5.7インチTFTモノクロLCD
SVGA
バックライト搭載
インターフェイス USB(miniBタイプ)
QRコード機能
USB 2.0(microBタイプ)
QRコード機能
USB 2.0(microBタイプ)
Bluetooth
無線LAN IEEE802.11b/g/n(2.4GHz帯)
QRコード機能
USB(miniBタイプ)
Bluetooth
QRコード機能
メモリーカードスロット SD(最大容量2GB)、SDHC(最大容量32GB)
電源 単4アルカリ×2
または
単4エネループ×2
単3アルカリ×2
または
単3エネループ×2
リチウムイオンバッテリー 単3アルカリ×2
または
単3エネループ×2
電池寿命 約20時間(エネループ15時間) 約18時間 約30時間(エネループ25時間)
質量(乾電池別) 360g 450g 580g 399g
本体価格 ¥28,000+消費税 ¥43,000+消費税 ¥49,800+消費税 ¥36,000+消費税

折りたたみ機種の上位版でもあり、ストレートタイプの下位版でもあるいいとこ取りになっています。最大の特徴はE inkのディスプレイでしょう。

総合的に性能がアップしており、これまでの改良点が考えられているため初代の正統進化と言えそうですね。ただ、価格だけはこれまで同様であっても現在では高すぎると思う・・・。所詮はメモ用途ですから万人には受けません。

作家や記者、ブロガーといったテキストを扱う人がターゲット層なので価格は二の次かなと思います。

素晴らしいコンセプトのデジタルギアだということは変わりませんね。かなり欲しい・・・(^_^;

これまでの主なデジタルメモ「ポメラ」シリーズ

現在、販売価格はともかく、手に入る機種は比較表と同じの以下の3種類ですね。

 

DM25

DM25は初代からの改良版で手に入りやすい機種でした。鉄板で補助されていたとはいえ、キーボードのたわみが若干気になりました。

 

DM100

DM100は画面横にハードキーが6つありましたが使いにくかったです・・・。
筐体は薄く軽くて持ち運びには便利でしたが、重さが足りないので、打鍵時にカタカタと小刻みに動いてしまうことがありましたね。DM25よりも長く使いました。

 

DM200

DM200は当時、ちょっと高かったですよ。そういった意味では今回のDM30も同じかも知れません。
Wi-Fiが搭載されていて、7インチワイドTFTはリッチですが、バッテリーということもあって、軽いラップトップコンピュータと大きく変わらない使い方になりますね。

ただ、機能はDM200では充分で薄い筐体など洗練されています。

発売前の感想

DM25とDM100は所持して使っていました。特にブログの下書きとしてです。メモとしても重宝でした。

すぐにタイプに入れるのは想像以上に快適で、ほんの1行を入力して閉じるといった使い方はスマホのそれと変わりませんでした。

ただ、立っては使えないので、そういう場面はスマホが優勢でしたね。タブレットと被る使い方になるでしょう。バックライトが屋外だと見えづらいということも不満でした。

今回はE inkが吉と出るか凶と出るか・・・。こんな注釈がありました。

 

※画面の特性上、表示切替がやや遅く、多少の残像が生じることがありますが故障ではありません。
「F12キー」を押して、リフレッシュを行うと消去できます。

 

だよねー!(^_^;

しかし、このポメラは”買い”ですね。

そういえば・・・、芥川賞作家の羽田圭介さんはポメラDM100を愛用していましたね。確か壊れてもいいように予備機もあるとかテレビで観たな。作家も認めて使っているということは購入する後押しに心強い?!

 

 

旧機種:

キングジム デジタルメモ ポメラ DM200ブラック

キングジム デジタルメモ ポメラ DM100 ブラック

キングジム デジタルメモ 「ポメラ」DM25 DM25

キングジム デジタルメモ ポメラ DM11G シャア・アズナブルモデル 赤

キングジム デジタルメモ ポメラ DM11G ジオン軍モデル

キングジム デジタルメモ ポメラ DM5 スパークリングシルバー

キングジム デジタルメモ ポメラ DM20クロ リザードブラック

キングジム デジタルメモ ポメラ DM10 プレミアムブラック

公式サイト:pomera DM30

 

保存保存

「習うより慣れろ」「好きこそものの上手なれ」

コメント