Amazonがお得なのはプライム会員だけ?!今すぐ会員の恩恵に預かろう!

【本日20日発売】デジタルとアナログが融合した作って遊んで学ぶNintendo Labo

スポンサーリンク
ninntendo labo ゲーム

本日発売のNintendo Laboはアナログとデジタルの融合の遊び。

小さなお子さんに遊ばせるには最適です。これならゲームはダメというママも認めるしかないですね。

センサーを使った不思議な仕組み

これ、どうやっている仕組みかなーと思ったのですけど、コントローラーのセンサーを使い、段ボールで出来たパーツで感知しています。

しかし、感知が良いというかかなりの速さと精度で即反映するのは感心します。

段ボールなので色を塗ったり、シールを貼ったりと楽しめます。もちろん手書きで絵や名前を書くのもアリです。

これはRaspberry Pi の世界でも同じです。GoogleAIYのキットも段ボールで構成され、そういうカスタマイズで世界の子供に受けています。Nintendo Labも同じようにスンナリと受け入れられるでしょう。

技術を体験して学べる

「学ぶ」という言葉は「真似る」という言葉が語源ですよね。やはり学習には人真似として同じ事を経験する、やってみるということが大事です。

大人としてGoogleAIYのキットでも感じましたけど、実際に同じ事をしてみるのは何よりも習得が速いです。本を読んだだけでは不可能なことです。

 

たとえゲームだとしても、センサーで感知していることを肌で感じると、仮に上手く動作しない場合、その原因が突き止められると思います。なぜなら、技術の意味は分からなくてもそれで動いていることは体感として理解できるからです。

何もゲームだけではありませんけど、やらないと意味は分かりません。

こういうので遊んだ今の子供世代は、今の大人達よりも感覚でそういう技術を会得するので、そこはベースとして次の更に難しい技術にもスンナリと受け入れられるでしょう。

だから、人は進化してきたのかなーと、大袈裟ですけど思いましたw

2種類のキットとこれから

とりあえず本日の発売では2種類のキットが発売されました。

Toy-Con_01-1

robot1

『Nintendo Labo Toy-Con 01: Variety Kit』

  1. Joy-Conの振動で走る「リモコンカー」
  2. リールを巻いて魚を釣り上げる「つり」
  3. 謎の生き物が住むおうちにいたずらをする「おうち」
  4. エンジンの振動までリアルに再現した「バイク」
  5. いろんな音色を鳴らして、作曲までできる「ピアノ」

 

『Nintendo Labo Toy-Con 02: Robot Kit』

体を動かして操縦できる「ロボット」

  • さまざまなチャレンジをクリアすることで新たなワザがゲットできる「チャレンジモード」
  • ロボットのカラーリングを変更できる「ガレージモード」
  • 体を動かして様々な音を鳴らせる「なりきりモード」

さまざまなモードあり。

 

周辺機器・・・いやアクセサリも!

任天堂さんは抜け目がない。アクセサリというかアナログなゲームにピッタリの商品まで用意されています。

Nintendo Labo デコるセットと作成する際に使いたいマスキングテープです!

いやー、これならお小遣いで買えますもんね。オリジナリティを出すのに手書きとかの方がいいのですけど、やはり公式のテープとかシールは大好物ですよ。

 

 

これ、別に他のマスキングテープやシールでもいいので、他のキャラクター物でもOKですね!

小さい子供ならドラえもんもいいかも。

川崎市 藤子・F・不二雄 ミュージアム マスキングテープA・B・a・b・c 全5種セット 【 ドラえもん、キテレツ大百科、パーマン、エスパー魔美、21エモン、ポコニャン、チンプイ】

 

これは商売繁盛ですなー。

大人も一緒に楽しめそう

親子で楽しむのに最適です!

一緒に作って遊ぶ。このことがきっかけで他のアナログな遊びにも興味が持てるかも知れません。親になると子供にはアナログな遊びをしてもらうと嬉しいものなんです。

クリエイティブな感性を磨いて欲しいですね。

 

ゲームソフトと段ボールなので、売り切れになってもゲーム機本体よりも早く生産できるとは思いますが、売り切れる前に購入したいです。

それよりも安定供給されてきたNintendo Switch本体の品切れの方が心配か・・・。

ロボットとバイクいいな!

Nintendo Labo公式ページ

 

「習うより慣れろ」「好きこそものの上手なれ」

コメント