FREETEL「REI」発表にみる悪い予感

プラスワン・マーケティングから新モデル「SAMURAI REI」が発表になりました。予約開始は昨日の5月20日からとなり、発売は5月27日です。価格は2万9900円(税別)です。
http://japanese.engadget.com/2016/05/18/freetel-3-sim-rei/

この新モデルは気合いが入っています。アルミの金属筐体で薄く高級感もあります。個人的にFreetelのSAMURAI雅、SIMPLEを利用するユーザーとしては期待する会社です。

ただ、少し違った方向へ行きそうな予感もします。

主な特徴は高バランス

  • アルミのフルメタルボディ
  • 5色の色展開
  • 薄く(7.2mm)軽量(136g)
  • 充分な高解像度カメラ(背面1,300万画素、前面800万画素)
  • 好感の持てる大きさ(5.2インチフルHD液晶)解像度1920×1080
  • 指紋認証に対応したFreetelボタン
  • 独自のUIがiPhone寄り

color

価格を考えると充分な性能です。

製品情報だけ読むと国産機でこの価格と性能であれば乗り換えない理由は見つかりません。あまり拘りがないかMVNO初心者には最適な機種です。

サービスもユーザーとしては過不足無く、好感も持てます。

販売モデルが従来の型で馴染みやすい

一括で29900円以外に、初期費用0円、月々の料金は本体代込みで2990円から(※データ容量1GB)という販売モデルが登場しました。

ただこれ、従来のモデルを踏襲したので何も目新しくはありません。MVNOの会社としては、そういったユーザーの声も多かったのか、ビジネスモデルとして確実なのか、全く悪いことではありませんし、新しく3大キャリアから移行しやすい環境も整ったと言えます。

個人的に感じたことは、様々な既存の悪い所を見直して、よりユーザーの声に寄り添った機種と販売方法、サービスの答えが、今回の「REI」のような気がします。

この後どちらに転ぶか

今回の発表でも着実に進化していると感じますが、雅ユーザーとしてはあと1万円で「REI」だったなら、と少し悔しいです。SIMPLE携帯もそうですが、すべてこの「REI」のための試作品だったように感じます。試行錯誤の末、今はここに行き着いたと。

良くも悪くも王道になった。この新モデル「REI」をスタートに、日本では対iPhoneの筆頭になるかも知れない。少なくとも購入時の選択肢にあがることは当然のスペックと価格だと思う。

あとは、3大キャリアしか使ったこと無い層、特に地方の中高年に安かろう悪かろうでもなく、やりたいことは実現できることを広めると化けるかも知れない。

地方在住者はMVNOもAndroidも全く分からない人が多すぎる。携帯=スマホ=iPhoneまたはdocomoという公式が未だに存在していて、FREETEL雅を使っているとかなり珍しがられる。

恐らく、通話の使い放題が必須なため、絶対にMVNOのユーザーにはならないと思います。

回線を借りているMVNOとしては3大キャリアには適わない通話の部分をどうするのかは一般ユーザー向けには難問です。

ただのiPhoneの焼き直しになるなら某国のやり方と変わり有りません。それの品質が良いだけという結果になるか、端末を提供するだけの会社になるか、低所得者の必須スマホになるのか、今後に注目したいです。

SIMPLE2の発表も

こちらも期待しています。SIMPLE2の携帯電話です。現在使用しているSIMPLEはUIがとんでもなく使いにくく、他国の携帯電話のようです。モノ作りとしての筐体は気に入っているだけにソフトウェアとのアンバランスが目立ちました。

SIMPLE2は購入したいと思えますが、まだ情報が少なく決め手にはなりません。

フィーチャーフォンでは、Bluetoothでスマートフォンの子機になる通話専用「Simple 2」と、モバイルルーターやバッテリーとしても使える通話端末「Simple 2+」と、折りたたみ型の「Simple 2 PakaPaka」(仮称)を発表した。

スマホ料金に苦労している人にはオススメ

家庭内で複数の端末代金を払っている人にはかなりオススメの機種の登場だと思います。iPhoneが欲しいけれど高いから、それと同じような使い勝手を望むなら格段に安くあがる「REI」を使い倒す方が無難です。

これで益々iPhoneは中高所得者またはマニア、ミーハーの物に成り下がるような気がします。

学生には最適な機種です。3大キャリアでiPhoneを所持するのは贅沢な時代になったものです。

デジタルジュン

「習うより慣れろ」「好きこそものの上手なれ」

スポンサーリンク
スポンサーリンク