スマートスピーカーは買った方がいいだろうか?考えてみた

Google_Home_-Google_ストア

GoogleHomeが日本でも発売になりました。突然の発表と発売でした。「スマートスピーカーって?」と気になっている人は多いと思います。私もそんな一人です。

使ってみたいけれど必要ないかなー?
自分のデジタルグッズの優先順位は低いから約15,000円もするのではなぁ・・・。
どうせ買っても使いこなせないしなー。

誰でも思いますよね。ちょっと調べて考えてみました。

スポンサーリンク

主なスマートスピーカー

有名なスマートスピーカーと言うと、アメリカを中心に売れまくっているAmazon Echoがあります。※日本では2017年内には発売予定
それには全然追いついていないものの、つい先日に日本でも発売になったGoogle HomeがAmazon Echoよりも安く販売しています。

まだまだどうなるか分からないのがAppleのHomePodです。2017年12月からオーストラリア、英国、米国で発売開始のアナウンスで、日本へはまだ先です。このHomePodだけが少し様子が違い、音楽や音に拘った製品になるようです。

新しいガジェット

スマホ然り、インターネット然り、細かくはアプリやソフトウェアもそう。Windows95の登場もそうでした。

もっと言うと携帯電話もそう。車載用からショルダー型、携帯へと遷移し、ビデオカメラもDVDもそう。新しいジャンルの新しいガジェットやデジタル機器が世に出てくると社会現象になってきました。

アーリーアダプターという言葉は一般的になって、かく言う私もそんな人種です。新しい物好きという日本語の通り、古い物から新しい製品や仕組みを知ると使いたくなる。そんな性分は小さい頃から変わりません。

そういった意味ではスマートスピーカーもまた新しい製品で新しい使い方が期待できるガジェットです。

普及はする

恐らくこれらの新しいガジェットの歴史を顧みても、このスマートスピーカーは一定の市場を得るでしょう。

理由は3つ

  1. シンプルなこと
    —— 基本は声だけで完結すること。使用が簡単なこと。
  2. 機能追加が見込めること
    —— Amazon echoはスキルという機能を追加でき、そのスキルを作成することが可能。
  3. 汎用性が高いこと
    ——用途は限定もでき、様々なこともできる。

問題点が1つ

現状では1対1の利用
——個人使用に留まらず家族や複数人で1台でも可能になれば便利と言えそう。ただ、プライバシーをどうするかという点がネック。他人の好みを知るだけではなく、スケジュールやメールの内容といった個人情報を例え家族や夫婦であっても共有するわけにはいかない。

スマートスピーカーは買いか?

使いこなさなくても良いとは思いますね。

音楽を声の操作だけで気軽に楽しみたいならば、リモコンも要りません。

何々をお願いする。面倒なことを代わりにしてもらう。

そういった意味で、スケジュールやメモ、SMSといった簡単に頼めることは、現在もスマートスピーカーが無くても利用している方も多いでしょう。

単純に音声で操作することは便利です。

今もスマホを使って、特に車を運転中など手が離せない時、「〇〇のアルバムをシャッフルでかけて」や「次の曲へ」といった操作を声で的確に操作できます。

また、SMSやメールなども簡単です。「”もう少しで到着する”と〇〇へメッセージ送って」で送れます。意外と長い文章も話し言葉で大方は誤認識はありませんね。

ただ、操作ができる状態なのに、わざわざ音声でとは思いませんから、これが習慣になるような使い方ができるのであればスマートスピーカーは手放せないでしょう。

家電を操作できる時代になってきましたので、照明やエアコン、テレビのリモコン、など専用の物を使わなくても出来るのは便利です。

こうなったらいいなー。漫画の世界から飛び出したような製品や仕組みは数知れません。それこそドラえもんの世界です。そうかと思うと未だに進化していないのは人間だったというオチがやってきそうですね・・・。

例えば、ワープロ、パソコンなどの普及に伴い、仕事でも当たり前になった時代ですが、かなり以前から漢字を書くという習慣がめっきり減りました。読めるけど書けない。なんとも不思議な感覚になってしまった。

これこそ必要無くなったのか、ペンで字を書く行為が必須では無くなったのは、一人の一生で両方を経験できる程に急速に進化、発展したのだと痛感します。

最近は漢字を書けなくても、書く機会も減って、以前ほどは困ることはなくなりました。

不便と思っていることか、もしくはより便利にしたいことを実現してくれるなら買う価値はあります。

別に全てが劇的に便利に変わらなくても良いのです。

ステレオシステムやウォークマン、ラジカセ、レコードプレイヤー、音楽を聴くことが楽しみだった時を経て、それだけに時間が取られずに久しく遠ざかっていたのに、スマホを得てから昔のように音楽を聴くようになることもあるでしょう。

何か一つでも便利に快適に利用できる点があれば購入しても損はないと思います。

逆に使い方や利用方法を検索して調べているのならば、その人には必要はありませんね。買わなくて正解だと思いますよ。人が使っているのを見聞きして、それは便利だ!と思った時に購入すればいい。それも安いか高いか、どちらでもとりあえず一つね。コストパフォーマンスを考えるとなかなか買えませんから・・・。

個人的には辞書のような使い方に期待したい。分からないことを聞いたら教えてくれる情報源の一つにしたい。

最後に

最後に思うのが、皆はそんなに天気予報を知りたいのか?!(笑)ということ。

「アレクサ」

「ヘイ!Siri!」

「OK!グーグル」

「明日の天気は?」

アシスタントも選べるといい。

「おい、お前」→「なーに?あなた」

「〇〇ちゃーん」→「はーい?」

「ふーじこちゃーん♡」→「なーに?ルパン」

呼びかけ方や答え方、そして声色などもカスタマイズ出来たら・・・、違う意味で需要は急上昇するかも知れません!!>各メーカーさん

Google Home

価格:15,120円
(2017/10/8 15:16時点)
感想(1件)

Google Home Mini チャコール

価格:6,480円
(2017/10/8 15:17時点)
感想(0件)

デジタルジュン
「習うより慣れろ」「好きこそものの上手なれ」
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク