年に1度の大セール!Amazon「プライムデー」は7/16正午から36時間限定です。

愛用の初代Apple WatchがwatchOS 5から戦力外通告みたい・・・。

初代Apple Watchが戦力外通告 Apple

すっかり忘れていた世界開発者会議(WWDC 18)の基調講演を調べたら・・・、愛用している初代Apple Watchが今秋に戦力外通告とも言える新watchOS 5に未対応だった。

watchOS 5の互換性。
watchOS 5を利用するには、iOS 12以降を搭載したiPhone 5s以降と、Apple Watchの以下のモデルのいずれかが必要です。
Apple Watch Series 1
Apple Watch Series 2
Apple Watch Series 3
watchOS 5は、第1世代のApple Watchには対応していません。

Apple Watch Series 3
Apple Watch Series 3は携帯電話通信機能を搭載しています。だから、iPhoneを家に置いて出かけても、電話をかけたり、メッセージを受け取ったり、音楽をストリーミングすることができます。

まぁ、それはそうでしょう。

ハードで3世代、ソフトで5世代過ぎているのだから当然と言えば当然です。

割り切った使い方

このブログのApple Watchの記事はそれなりに人気がありました。

今だからこそ初代Apple Watchを購入した!高級バンドとセットがリーズナブル価格!
Apple Watchは購入するつもりが様子を見ていたら買いそびれてしまって・・・。今更ながら購入しようと物色していたら、ウレタンバンドやナイロンベルトはなんか安っぽい。また、人気のNIKEモデルもなんかしっくりこない。 やはり時計は...

Apple Watchを購入した主な理由は、MacBook Pro13’ のロック解除のためと、心拍数やウォーキングの監視&記録のため、メールなどの通知を知るため、という3点でした。

 

当初は、睡眠のデータを取得する目的が強く、活動量計として購入を決めました。

また、心拍数を取れることで体調管理し、ウォーキングのモチベーション維持にも役に立っています。

 

当時、Series2も発売されており、Series1より以前の初代はかなり安く販売していました。

このブログでも人気の記事になりましたが、高価なシルバーリンクブレスレットとのセット商品が格安で販売されており、最早、Apple Watch自体はオマケの価格で手に入れました!

ブレスレットだけで5万ですよ・・・。

今だからこそ初代Apple Watchを購入した!高級バンドとセットがリーズナブル価格!
Apple Watchは購入するつもりが様子を見ていたら買いそびれてしまって・・・。今更ながら購入しようと物色していたら、ウレタンバンドやナイロンベルトはなんか安っぽい。また、人気のNIKEモデルもなんかしっくりこない。 やはり時計は...

iPhoneSEと初代Apple Watchの組み合わせなので、FelicaとしてPay(ApplePay)を使えないのが残念ですけど、健康維持のツールとして毎日使用しています。

Pay ・・・ iPhone 7以降のiPhoneとApple Watch Series 2以降のApple Watch

そういう単機能に絞った割り切った使い方ならば初代Apple Watchもまだまだ現役です。

watchOS 5には未対応

今秋から提供されるwatchOS 5では、この初代Apple Watchだけが適用除外になっています。

それは仕方ないですね。ハードはそのままですからあれから色々な機能やサービスは利用できていません。

益々、何かひとつかふたつの単機能に絞らないと利用価値が無くなってきますね。まぁ、時計としては問題ありません。

watchOS 5の新機能

watchOS 5の変更点で新しい機能は大きく2つ!

  1. Podcastが利用可能
  2. Walkie-Talkie(日本で言うトランシーバー)が可能

 

他は従来の機能向上がほとんどです。もちろん、それも魅力的ですけど、Walkie-TalkieがメッセージのようにiPhone同士なら使えるというのは便利で楽しそうです!

 

Walkie-Talkieだから、当然のことながら同時に話せません。

「こちら、〇〇です。どうぞ」

「ラジャー(了解)!」

なんか、戦隊ヒーローのようです!? ウルトラマンやガッチャマンみたいに腕時計に話しかけるなんて。

 

手にApple Watch

 

新iOS、新MacOS、新watchOSの詳細はApple公式ページで確認してください。

Apple Special Event 2018年6月4日

バンドだけ変えて

ご存じのようにApple Watchはウォッチフェイスとバンドが簡単に取り替えられます。

ステンレスバンドは新たなApple Watchへ付け、この初代Apple Watchは睡眠データ取得専用などに更に割り切って使うことにしようかと考えています。

 

付け替えるの面倒・・・?というのはさておき、実はApple Watchは複数をペアリング可能なんです。それも自動切り替え機能もあるので、付け替えて腕を動かすことで切り替わります。手動でも可能です。

これで就寝用として割り切れますね。

実は睡眠データを取るには、バッテリーの問題がありまして、そのまま朝を迎えて1日過ごしたくてもバッテリーがお昼には切れます。

逆に朝に満タンでも就寝前にはバッテリーは切れます。そうなると睡眠データを取るために充電していて付けられません。

このバッテーリ不足の問題は2台体制ですね・・・。

 

ただし、osも古いわけで、新しいアプリは動かないか機能制限になります。そうなると古くても影響ないアプリを使うしか手がありません。

あくまでデータを取得するツールにするしかないですね。

 

散歩用かな〜。

 

あっ、初代Apple Watchは本体もステンレスなんですよ。現在はアルミニウムが下位機種で、ステンレスはミドル機種になってしまいました。

なんにせよ、今からだと初代はお買い得ではないでしょう。投げ売りされていたら記念にどうぞ。

 

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

「習うより慣れろ」「好きこそものの上手なれ」

コメント