Amazonがお得なのはプライム会員だけ?!今すぐ会員の恩恵に預かろう!
スポンサーリンク

クリックポストは価格改定でも小物配達の立場は変わりません?!

クリックポストは185円に改定 過去記事・雑記

オークションやネットフリマの出品などで利用している人は頻繁に利用しているクリックポストがとうとう価格改定で値上げになります。

実施日は、2018年9月1日(土)からとなり、これまでの164円(税込)から185円(税込)で利用できます。内容はこれまで通りです。あと10日程ですね。

クリックポストで送れる大きさ

改めてクリックポストで送れる荷物の大きさを記載します。

クリックポスト

長さ 14〜34cm
9〜25cm
厚さ 3cm以内
重量 1kg以内

 

概ね、A4サイズまでOKという風に覚えましょう。B4よりも小さくA4よりも大きい。
A4よりも多少大きくてもいいけれど、B4は無理なので気をつけましょう。

A4 21cm ☓ 29.7cm
クリックポスト 25cm ☓ 34cm
B4 25.7cm ☓ 36.4cm

 

厚さ3cmは中身+風袋である封筒などの厚さも考慮しないとなりません。エアクッションがあると想像以上に膨らみます。梱包にもよりますが概ね2cmを目安にすると余裕です。

 

これ以上に低い価格はない

以前はクロネコメール便がその地位にあったように、現在は個人が郵送できる方法としては、2018年9月現在この郵便局のクリックポストが最安値です。

値上げになるのは昨今の配送状況をみれば致し方ありません。流通業界はヒドい有様です。
ライバルが居れば値上げは無かったハズです。しかし、このサイズでは独占状態になっています。特にオークションで書籍やDVDといったメディア系を郵送するには打って付けです。民営化したとはいえ、郵便局ならではですね。

クリックポストを余すところなく使い倒す

代替手段が無いので、敢えてクリックポストを使い倒すという考え方の方が前向きだと思います。

ネットオークションで所持品を整理するなら、クリックポストで配送できる商品を積極的に売買した方がいいでしょう。

必須条件の確認

使ったことがある人なら知っているでしょう。クリックポストは3つの必須条件があります!

 

1.クリックポストは、Yahoo! JAPAN IDが必須
2.運賃の支払いは、Yahoo!ウォレット(クレジットカード払)のみ
3.プリンターが必須(もしくはコンビニの印刷代10円/個)

また、無料で初回だけですけど、利用者情報の登録が必要です。

 

こうしたことから、Yahoo!嫌いな人は他に選択肢がありません。
それにプリンターを持っていない場合は別途印刷に10円かかるため高くついてしまいます。

使い倒すには?

逆の論理です。

 

1.Yahoo!JAPAN IDを登録するならヤフオク!も利用すべし!
2.クレジットカードはポイントも付くYahoo! JAPANカードも作って支払いに充てる!
3.プリンターはモノクロレーザーでコストカット!

 

ご説明します。Yahoo!が嫌いとかそういう変なプライドは捨てましょうw

メインにするくらいにヤフオク!で売買すると、より恩恵を受けられます。現在は、ヤフオク!アプリから出品する場合、Yahoo!プレミアム会員に登録していなくてもオークション出品ができます。

 

Yahoo!プレミアム会員がネックでヤフオク!を利用しなかった人も大丈夫です。実際に会員費は高いですよねー? 月額で498円(税込)ですからね!

 

Yahoo!プレミアムに登録しなくても出品できます。

 

ただ、Yahoo!プレミアム会員していないと、落札手数料は若干高くなってしまいます。

登録してあると8.64%(税込)→ 登録していないと10%(税込)

差が1.36%です。

 

仮に1,000円で落札された場合

会員は87円 → 登録していないと、100円

差は13円です。

 

この場合は単純計算で498円÷13円=38回なので1,000円なら38回の取引で会員費がチャラになります。

金額であれば、月に38,000円以上落札されたら有料会員と同等です。

ただし!

フリマ出品しかできません。そのため金額以上に出品に制限が出来てしまいます。

フリマ出品の特徴

Yahoo!プレミアム会員にならないと出品制限があるフリマ出品しか利用できません。

この辺を金額以上にどう考えるかというのは人によりますので一概には言えません。ただ、あまり落札額とか安心した取引とはいかないでしょう。あまり希少価値が高い商品は避けた方が良いかもしれませんね。

Yahoo!JAPANカードならTポイント付きで年会費永年無料

Yahoo!JAPANカード

VISA/MASTER/JCB
年会費永年無料

クレジットカードとしてだけでなく、Tカードとしても使えるので、ダブルでポイントがたまります。

※もちろん現在利用中のTカードに貯めているTポイントを、Yahoo! JAPANカードに移動させ1つにまとめることができます。

 

クリックポストの支払いだってポイントが貯まりますし、ポイントで支払うことも可能です!

年会費無料だから気兼ねなく所持できますし、クリックポストのためだけでも1枚あると便利です。

 

特典など詳しい情報は公式サイトで確認してください。

Yahoo! JAPANカードの詳細(公式案内ページ)

プリンターはモノクロレーザーがコスパ良い

クリックポストはプリンターが自宅に無いと宛名が印刷できません。PDFにしてコンビニの多機能コピー機で印刷することも可能ですが、1回10円ということと、コンビニまで行かなくてはなりません。ローソンならそのまま郵便ポストに入れられますが、ローソンが近くにないとなるとそれからまたポストへ向かう必要もあります。

せっかく185円で郵送できるのに、また10円かかるのでは利益が薄まりますね。

 

そこでプリンターが必要になるのですが、ここはモノクロレーザープリンターがオススメです!

実はモノクロであればレーザープリンタもだいぶ安くなってきました。8,000円以下で買える機種もあります。
どうしてもインクジェットプリンタの方が本体が安いとか、自宅にあるからという理由で個人には人気です。しかし、インク代が高い!

 

クリックポストの宛名印刷はカラーではなく白黒でも何ら問題ありません。

むしろカラーで出す意味も解りませんし・・・。白黒でOK!

 

しかも宛名はA6サイズなのにA4で印刷するのもバカらしい。捨てる箇所が多すぎます。そのためA4を半分にカットしてA5サイズで印刷をすれば更に経費が浮きますよ!

印刷費用概算

白黒印刷のレーザープリンターの1枚当たりの費用はいくらになると思いますか?

初期トナーなら印刷可能枚数は900ページです。プリンター本体価格がありますから最初は単純計算は難しいかも知れません。

所持しているCanon LBP6230の例

LBP6230の別売りの純正カートリッジなら、印刷可能枚数は2100枚で実売価格が6,000円台前半です。

これを単純計算で割っても1枚約3円ですから、コピー機10円の3分の1以下です。これはインクジェットではここまでの価格になりません。

更にA4でもこの価格ですけど、半分に切ってA5サイズで印刷すると考えればその半分の1.5円です!

レーザープリンターならA5サイズ換算で1枚約1.5円程度!

このレーザープリンター本体の実売価格は、旧型という事もありますが、13000円以下で販売されています。
確かに初期トナーは約900枚しか印刷できませんので割高にはなりますけど、他の印刷も行えてコンビニに行く時間も必要無く、コピー機で印刷する手間もありませんから、差額が8.5円だとしてもそれ以上の価値はありますよね!
仮にインクジェットプリンターと比べたら・・・?

 

費用対効果は歴然です。タイムイズマネー!
Wi-Fi非搭載のモノクロレーザープリンターLBP6030なら・・・、約9,300円!

 

私も使用している — 設置場所も関係ないWi-Fi搭載モデルをオススメします!

 

レーザープリンターの本体価格だけではなく、スムーズに印刷して発送できる手間まで考慮してクリックポスト+Yahoo!カード+モノクロレーザープリンターはオススメできます。

送料の考え方

昔、もっと昔の20年前?は、送料が高いのは当然でした。ネットも黎明期でした1997年より以前では「通信販売」という名でした。ネット通販が無かったので、雑誌の広告から電話して注文する時代でした。その後TV通販が爆発的に人気になりましたっけ。

その雑誌広告時代は、送料はそれなりにかかるものでした。当然と言えば当然で、PCなんぞを頼めば重いから高いったらありゃしない。それでも通信販売の方が店頭よりも安いか、もしくは店頭には無いライナップで需要がありました。

 

ちょうどその頃、国内では楽天市場が数少ない店舗で送料はガッツリかかるネット通販をしていて、その後にAmazonが書籍販売に乗り出して、1500円以上送料無料だったと思います。

送料無料が伝家の宝刀になり、現在まで送料がかかるなら別の店で買うという顧客心理が定着しましたね。

 

今後は、送料はしっかりもらいます。それは商品とは別の物で、切り離して考えましょうという時代になったと思っています。

送料もかかる上に配送が1週間 → 送料無料 → 送料は別物扱い

元に戻ったという感覚です。送料は変わらずとも、配送の速さは格段に違います。昔は田舎であれば3日くらいかかるのが普通で、1週間かかるのもザラでした。その分は送料の価値は上がっていると思います。

所感

これも時代の流れとしては仕方ありません。クリックポストも164円から21円の値上げに過ぎません。ただ、薄利多売で20円程度の儲けの商品は、利益が無くなりますから価格が高くなるか流通しなくなるでしょう。まとめ売りが盛んになるかも知れません。

一時期流行った「共同購入」なんて復活しそう。そういったビジネスが成り立つかも知れませんね。ある意味問屋という考え方もできるか?? 問屋と違うのは買取ではなくて一時預かり拠点の営業かな?

倉庫を持ってコンビニのように24時間で受け取りに来られるとかw? それならコンビニが強いか・・・。

 

配送料が値上がってもまだしばらくクリックポストとはお付き合いしそうなので、上手く利用したいですね!

クリックポスト公式ページ

コメント