年に1度の大セール!Amazon「プライムデー」は7/16正午から36時間限定です。

RaspberryPiで使うOS “Raspbian” のbootフォルダとは?

ルート Raspberry Pi

当ブログのRaspberry Pi 記事の影響か、”bootフォルダ”と検索される人が増えましたので簡単に紹介します。

Raspberry Pi で使用するOSはいくつかありますが、基本はLinux Debian系列のRaspbianです。Linuxになるため、Windowsとはファイルシステムも異なります。

始めにフォルダとディレクトリの違い

簡単に言うと昔は「ディレクトリ」でした。Windows95以降に「フォルダ」と呼ばれました。Macは「フォルダ」です。

意味は同じです。入れ物のことですね。

Linuxは元々Unix系ですから「ディレクトリ」という呼び名のままです。どちらでも同じ物を差しているのでどちらでも良いのです。

 

個人的な使い方としては、LinuxにあたるRaspbianは「ディレクトリ」で表現しています。

Windows系やMacでは「フォルダ」で表現しています。

 

まぁ、どっちらもイイです。

bootフォルダ(ディレクトリ)の場所

実はLinux系はHFS(Hierarchical File System)というファイルシステムです。これは階層ファイルシステムという意味です。

これがルートと呼ばれる大元の中に他の全てがぶら下がっているイメージですので、/bootというフォルダもその中の並列で同じということになります。

/   (ルート)

/bin
/boot
/dev
/etc
/home
/lib
/media
/mnt
/opt
/proc
/root
/run
/sbin
/srv
/tmp
/usr
/var

このようになっています。” / ” でルートと読みます。”/root”というのもありますよね? これはrootと呼ばれる管理者ユーザーのフォルダになります。

この中に起動に関わるフォルダとして、/boot があるということです。

だから、「 / の中に /boot がある」となります。

検索されたのはルート直下の勘違い?

検索されているbootは、ブート時に〇〇を起動するというような、OSの起動時の意味で間違って検索されているのでしょうか??

もしくは、ルート直下にwpa_supplicant.confを置くとか、sshという名のファイルを作成するといった、起動時(boot時)に読み込ませるために、ルート直下へ配置するという内容を取り違えたのでしょうか?

ちなみにルート直下というのは前述の一番上の階層のことですから、SDカードを入れた時、MacのFinderやWindowsのエクスプローラーで最初に表示される場所です。

 

事前にSSHを有効にするため、カラっぽのsshファイルを作成する(Macの場合ターミナルで)

touch /Volumes/boot/ssh

 

この/bootの意味でしょうか??

この場合でもSDカードの一番上の階層となります。SDカードを挿入してFinderで見られる最初の場所です。

まぁ、確かに/bootのディレクトリを差していますね。少し理解しづらいかも知れません。長くRaspbianを使用していると、HFSが非常に優れていることを実感します。

 

初めからsshも有効にさせてインストールするならば、SDカードの同じルート(/boot)にsshのカラのファイルを用意しておきましょう。

少し理解しづらいかも知れません。長くRaspbianを使用していると、HFSが非常に優れていることを実感します。

/bootで検索してきた人が、いったい何の情報として必要としているのか・・・。また気が付いたら記事にします。

「習うより慣れろ」「好きこそものの上手なれ」

コメント