Amazonがお得なのはプライム会員だけ?!今すぐ会員の恩恵に預かろう!

macで画像の一括リサイズとExif情報の削除 ——Automator

automator-setting Mac

MacOSにはAutomatorという様々なスクリプトを組み合わせ、簡単に自動処理プログラムを作成することができます。

今回は「画像を一括にリサイズし同時にExif情報も削除」してみます。

自分の備忘録も含めて分かりやすくご紹介しておきます。

 

Automator
Automator

では、キャプチャ画像で順番に。どうもAutomatorです。

 

画像を一括にリサイズし同時にExif情報も削除

 

今回は決まったフォルダを監視して、そのフォルダに画像がドロップされたらスクリプトが自動実行されるという形です。

最初に完成形のキャプチャ画像がこちらです。

 

(クリックで拡大)

このようにすればOKなんです。
では、順番に見ていきましょう。

フォルダの作成

スクリプトプログラムの切っ掛けとなるフォルダを作成します。今回は「リサイズ」という名前にしました。(何でも構いません)

そのリサイズの中にリサイズした後のフォルダも作成します。上書きもできるですけど、万が一間違えた場合にもう一度やり直せるように分けました。

このフォルダは「done」としました。(何でも構いません)

リサイズの中にdoneを配置しました。同階層でも別階層でも構いません。

Automatorの設定

 

Automator
Automator

Launchpad → その他 → Automatorで起動します。

 

画像の通り、「フォルダアクション」を選んでください。すると空白の画面が出来ます。冒頭のように順番に設定するだけで自動プログラムが出来上がります。

アクションの受け口

アクションの起点の設定です。フォルダを指定します。

 

右側の欄には上の画像のファイルやフォルダを受け取るフォルダが選べるようになっています。

そこに今回の「リサイズ」を選びます。

これが起点、切っ掛けとなり、今から作成するワークフローが開始されるというわけです。

確認ダイアログの設定

実際には必要ありません。ただ、間違えてドロップしてしまうことも考えられるので、OKで次へ進め、キャンセルでやめることができるようにしておくと便利でしょう。(絶対に必要というわけではありません)

実際の動作画面

ファイルのコピーでオリジナルを残す

次がファイルのコピーです。

これは「リサイズ」にドロップされたので、そこからコピーしてから作業し、そのコピーを上書き保存することでリサイズ後の画像にします。そのためコピーする前のファイルはそのまま「リサイズ」に残るという訳です。

 

ここではdoneフォルダにコピーします。

これは次のイメージサイズの調整をドロップしてあげるだけでダイアログが出て追加とすれば同時に入ります。先にイメージのサイズ調整を追加してください。

 

 

イメージのサイズ調整

いよいよリサイズさせます。

イメージのサイズ調整で縦横が最大何ピクセルにさせるのか設定します。

今回は1000ピクセルにしました。パーセンテージでも指定できます。

 

イメージのタイプを変更

なぜ? イメージのタイプを変更するのかと言うと、実はJPEGとPNG形式、TIFF形式のファイルはEXIF情報やGPS情報を保持できますが、BMP形式とJPEG2000形式は保持しません。

それを利用して一度JPEG200形式に変更してから再度JPGやPNGに変更させることでExif情報の除去をします。

 

このように一度JPEG2000に変え、再びJPEGへ変更するので続けて設置してください。

完了したのかの通知

最後にいつ完了したのか分からないので、通知領域にダイアログを出します。

通知を表示でタイトルとメッセージに自由に入力するだけです。

 

実際の動作画面はこのように右側から通知として表示されます。ポップアップのダイアログではないので邪魔になりません。

 

これで完了です! 忘れずに保存してください。

フォルダアクションへの関連付け

ワークフローを設定するためにフォルダの右クリックメニューから選びます。

 

 

フォルダアクション設定を選ぶと次のような画面になります。

画像では既にアクションが追加されていますが、初めて場合は何も表示されません。

 

フォルダアクションを使用にチェックを入れて、プラスマークで左側に指定フォルダ、右側はプラスを押すと次にようにどのスクリプトを関連付けるのか選ぶ画面になります。

今回は一番下に「リサイズとExif削除.workflow」があります。関連付けるボタンでOKです。

ワークフローを作り直したい時も、このフォルダアクションの設定から編集して変更していきますので、手順を覚えましょう。

完成!

これでリサイズというフォルダに画像をドロップすると確認ダイアログの後、指定したdoneフォルダへ処理された画像が入ります。

もしも上手く行かない場合は、順番にイチから見直してみてください。

 

Automator
Automator

便利ですねー。

この程度ならば特別なアプリケーションは必要ありません。それも簡単にできて最初からそういったアプリケーションが用意されているMacOSは初心者には助かりますよね。

いやぁ、今はMacの方が簡単だなーと思います。ぜひお試しください。

コメント