Amazonがお得なのはプライム会員だけ?!今すぐ会員の恩恵に預かろう!

ヤフオク!とAmazonマーケットプレイスのどちらが売りやすい?

ウェブサービス

持ち物を処分するのに捨てずに売却したい。そういった環境は随分前からあります。お得ですし、簡単ならば尚更です。しかし、そういった環境が整っている現在ではなかなかモノが売れません。

それでもまだそれなりの金額で売れるネットならば家に居ながら処分可能です。

 

ローカルルールが蔓延っているメルカリなどは面倒なので省いて、ここでは比較的にまだ売れるヤフオク!と、手数料は高いけどルールがしっかりしているAmazonマーケットプレイスに絞って検証したいと思います。

  • ヤフオク!
  • Amazonマーケットプレイスへの出品

売却のコスパを検証

売りたい商品にもよりますけれど、最終的に売れ残ってしまっては高値も安値もありません。逆にいくらでも良いなら、ブックオフなどで買い取ってもらえば良いです。タイムイズマネーでマシです。

希少価値や人気の商品といったモノの性質は後ほど語るとして、まずは売却に伴う作業と比べて、得られる利益がどうかを考えてみます。

 

手間

売りに出す際の手間を比べてみます。総体的にはどちらもそれなりの手間はかかります。ネットに疎い人はどちらも面倒に違いありません。

簡単になったと言っても苦手な人は苦手でやりたくない。こだわると際限が無いので、例え高値で売れなくても売れるという結果だけ求めて比べてみます。

 

売り出すのにかかる手間

実際に売れることとは別に売り出さないとなりません。ヤフオク!とAmazonへの出品の手間を手数で比べてみます。

説明文 写真 やり取り 販売価格 ライバル
ヤフオク! 必須 必須 相手次第 落札相場有り 少なめ
Amazon出品 どちらでも どちらでも 不要 分からない 多い
説明文

ヤフオク!ではこの説明文が命です。もちろん写真画像が大事なのは言うまでもありません。

この説明文の用意と写真撮影に時間がかかりますね。その点、Amazonでは写真自体は必須ではありません。写真に関係なく売れる時は売れます。

写真の価値

ヤフオク!ではとにかく写真が有効です! これは綺麗に撮ることもさることながら、いかに伝わるかという写真です。購入希望者が観たい場所を載せているか?が問題です。

希にゲーム機などだと分かりやすいのですが、程度は良いのに写真の中にコントローラーが映っていない。まさか無い?

そう無いことは説明文にさりげなく書いてあって、写真には載せない出品者も多い。これは軽い詐欺みたいなもの。もちろんルールには則っているけれど、悪い部分を隠すのは誠実ではありませんから、その商品どころかその出品者のは落札したくありませんね。

個人的には即ブラックリストに入れていますよ。

 

一方、Amazonは既に商品画像がありますから、特段に必要はありません。かといって重要では無いかというとそうでもなくて、個人的にはなるべく写真は載せています。

最安値なら必要無いでしょう。下に埋もれてしまう場合は積極的に写真を載せています。目立ちますよ。

 

この写真が面倒なんですよ。スマホでそのまま撮ったらGPSのジオタグ(Exif情報)が残って個人情報がダダ漏れになります。最近のWEBサービスやSNSでは、アップロード時点で自動的に削除されます。

が、安心してはいけません! システムの不具合で削除されなかったら?? そもそも最初からeixf情報が無ければそんな心配は要りません。

外へ公開する画像はメタデータと呼ばれるExif情報からGPSの情報は除去しましょう。

macで画像の一括リサイズとExif情報の削除 ——Automator
MacOSにはAutomatorという様々なスクリプトを組み合わせ、簡単に自動処理プログラムを作成することができます。 今回は「画像を一括にリサイズし同時にExif情報も削除」してみます。 ...
購入者とのやり取り

やり取りもまたAmazonの方がドライです。これは販売方法が違うからです。ヤフオク!は競りです。オークションという名の通り。

Amazonは決め打ちされた価格です。

だから決めた金額以上はありえません。ヤフオク!は思いがけずに落札価格が上がる事があります。「そんなに欲しいのか?」って思う時もあります。逆に競れば注目されるので低めに設定することが求められます。

販売価格の選定

これはヤフオク!には落札相場で検索できますから、そんなに相場とズレることもありません。Amazonはいくらで売れているのかの判断は管理画面からできません。別のサービスを利用すれば分かります。

この辺は経験になります。ヤフオク!では決め打ちの価格でも売れる商品ならそうします。(即決有りとか)

Amazonでは最安値が売れるのは当然としても、個人的には2番手か3番手を維持できるようにしています。経験則ですけど、仮に2番手の場合、最安値が売れると2番手だったのが最安値になりますよね?(もちろんライバル次第)すると売れることが多いんですよ。それなりの価格で2番手を狙った価格設定にしています。

Amazonでは、その商品の程度を把握すれば「非常に良い・良い・可」などでライバルとの順番を決めて価格付けします。すると、5番手だろうが8番手だろうが関係なく売れていきます。コスパを重視する人が多いのでそうなるのでしょう。

例えば、可が最安値でも、あまり価格差がない非常に良いが2番手にあったら、どちらを買います?

バランスが大事です。

ライバルとの関係

ヤフオク!はオークションなのでライバルとの競争です。一方Amazonは競争はあるにしても決め打ちの価格ですから、自信があればそれなりの価格でもOK。

そういう意味で考え方が違います。Amazonは値下げしたら売れるけど、そうすると手取りが減ります。ヤフオク!のように上に行く販売方法ではないので、安易な値下げはもったいないです。放置しておいても価格が変動しなければ高値でも売れますよ。

手間の判定はAmazonの勝ち

手間だけ考えると、ヤフオク!が圧倒的に手間だらけです。

それでも昔に比べては出品作業は簡単になったんですよ。ただ、Amazonのように簡単な説明文と価格だけで良いことに比べたらまだ大変な作業です。

 

よって手間だけ考えればAmazonの圧勝です。

手数料

ヤフオク!、Amazonのどちらも落札(購入)されたら手数料が発生します。

簡単に言うとショバ代ですね。システムを利用料して販売するので当然です。どちらも手数料率となり、落札(購入)価格によって金額は異なります。

 

手数料比較
手数料率 別途費用 振込手数料
ヤフオク! 8.64〜10% プレミアム会員費498円 0円〜
Amazon出品 成約料+販売手数料 小口出品は特になし 0円

 

この手数料は複雑です。単純に比較はできません。以下に表を提示します。個々の環境で読み取る必要があります。

ヤフオク!の場合もフリマ出品という手もあり、プレミアム会員でなくても出品はできます。要は月が0円から利用は可能です。しかし、手数料が高くなるので、どの程度利用するかによってどちらがコスト安かは変化します。

同じようにAmazonでも大口出品ならば月額4,900円(税別)がかかりますが、成約料が無くなる分、これも販売個数によってコストは変化します。一概に言えませんね。

ヤフオク!

Amazon出品

 

小口出品サービスで発生する費用は、注文成約時に商品1点ごとに100円かかる基本成約料と、注文の成約時にかかる販売手数料です。販売する商品のカテゴリーが本・ミュージック・ビデオ・DVDの場合、注文成約時に販売手数料とカテゴリー成約料がかかります。また、アカウントの設定完了時に、アカウント確認料として1円が出品者様のクレジットカードに請求されます。

 

手数料の判定はヤフオク!の勝ち

ここでは個人の範囲として、ヤフオク!ではプレミアム会員で出品し、ジャパンネット銀行をかんたん決済で利用している前提とします。(会員費498円/月とジャパンネット銀行は振込手数料0円)

Amazonでは小口出品で月額は0円、成約料と販売手数料を支払うという形です。

 

ただ、実際に利用している者にとって、普段どうかということを過去取引例で示します。

ヤフオク!

Amazon出品

Amazonの場合、-718円が手数料です。350円というのは送料分としていただける料金です。

 

どちらもCDが1枚売れた場合です。

 

ご覧のように単純に比較すると、手数料はAmazon出品の方がだいぶ高いことが分かります。

 

ヤフオク!はYahoo!かんたん決済というシステムを使いますので、別途、Yahoo! JAPANカード を所持しているとヤフオク!の利用がスムーズで結果的にお得です。

また、ジャパンネット銀行の口座も振込手数料が0円になりますから用意しておくと良いでしょう。

どちらも無料で取得できますよ。

実際に売りやすいのは?

商品を売ることに手間はAmazon出品が楽で、手数料はヤフオク!が安いという一長一短です。

ただ、市場としてはどうか? と言われればAmazonの方が圧倒的でしょう。ヤフオク!は期限が決まっていますから、即決で出品するとAmazonのそれと何ら変わりません。(決め打ち価格)

そう捉えるとAmazonの方が売れます!

 

ただ、いくら売れても利益が薄いなら、そもそもそれ程に価値が無いなら、手間と相殺で捨てるかブックオフなどへ売却した方が良いかもしれません。(100円で売る場合など)

まとめ

個人的見解ではありますが、利用者として使い分けで良いと思います!

 

私の個人的な法則

価値基準 売却場所
100円〜200円以下か程度の悪い商品 ブックオフへ
相場1,000円以下でしか売れないだろう商品 ヤフオク!へ
相場3,000円〜売れるだろう商品 Amazonへ
相場問わずに程度の良い商品 ヤフオク!とAmazonどちらもOK
希少価値の高いレア物 ヤフオク!へ

 

このように主に3,000円〜売れるだろうモノはAmazon出品していますので、量は一番多いです。ただ、売却金額で言うと、レア物が売れると大きいので、ヤフオク!の方が多いですね。

 

ポイントとして

  • 売却点数の多いAmazon出品
  • 高値売却のヤフオク!
  • 捨てる前にブックオフへ
  • ブックオフで売れない物は処分(ゴミ、譲渡)

 

1.売れやすいAmazonへ出品しています。そこで一定期間で売れなかった場合はヤフオク!へ出品します。

2.それでも売れない物はもう一度値付けを下げて、Amazon出品→ヤフオク!を繰り返しますw

3.最後に売れ残った物は段ボールにまとめてブックオフへ!

4.それでも手元に残った物は処分(ゴミか譲渡)していますね。

 

ブックオフは実店舗が遠いとガソリン代と時間が無駄なので、ネットオフが便利です。ネットオフなら買取時の送料・手数料は一切掛かりませんし、昔と違い会員登録をしなくても買取申込ができます。

まぁ、物によってはブックオフ実店舗と変わらないかも知れませんが、移動時間とガソリン代を考えれば手取りが多いです。よくキャンペーンしています。〇%UPが助かるw

ネットオフの買取ページへ(PCページ)

 

あまり古い商品なら思い切ってゴミで処分する方が精神衛生にも時間節約にもなります。断捨離は適度に行うと気持ちよいです。

年末年始の大掃除の前に、上手く売り抜けてください!

ご参考になれば幸いです。

クリックポストは価格改定でも小物配達の立場は変わりません?!
オークションやネットフリマの出品などで利用している人は頻繁に利用しているクリックポストがとうとう価格改定で値上げになります。 実施日は、2018年9月1日(土)からとなり、これまでの164円(税...

コメント