年会費永年無料へ「Amazon Mastercard」プライム会員ポイント2%、コンビニ利用で1.5%、ゴールドは無し

Amazonでお買い物するとポイントが貯まりやすいクレジットカードが2021年11月1日から新しくなりました。

従来のAmazon Mastercardクラシック・ゴールドが、新しいAmazon Mastercard・Amazon Prime Mastercardの2種類へ変更されます。

これまで通り三井住友カードとの提携です。

目次

年会費無料の新カード

新しいカードの券面はシンプルなブラックとシルバー色。

国際ブランドはマスターカードで旧カードと同じです。シンプルで好感が持てます。

新旧カードの比較

新しいカードはプライム会員費は別に支払うことになります。——従来の旧ゴールドカードはAmazon Prime会員費がカードの年会費に含まれていました。

プライム会員かどうかで2種類に分けられています。
通常会員で申し込むとシルバー色のカード。途中でプライム会員に変更すると、次回更新からPrimeカードへ変更されます。

プライム会員費が別登録の代わり、クレジットカードの年会費は永年無料に変更されています。

目立つのは年会費が永年無料へ、コンビニでの利用ポイントが1.0%→1.5%にアップした点です。

Amazonでのお買い物がライトユーザーの方でもポイントが貯まりやすくなっています。

細かな留意点

ひとくちにプライム会員と言ってもいくつか種類があります。ここでのAmazonプライム会員は、無料体験に申し込んだ会員、プライム家族会員、Prime Student会員、Amazonファミリー会員を含んでいます。

ゴールドカードの特典だった空港のラウンジ利用は付帯しない。

Apple Payにも対応します。その場合はAmazon以外の利用となりポイントは1.0%の付与なので注意。

コンビニの利用は、全国のセブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン(ナチュラルローソン・ローソンストア100・ローソンスリーエフを含む)となり、他のコンビニでは対象となりません。

現在お持ちの旧カードの更新期限まではそのまま使えます。更新月に合わせて新しいカードに変更になる。

詳しくはAmazon公式ページ(Amazon Mastercard)でご確認ください。

新規申込者はお得

Amazonで多額の買い物をしているヘビーユーザーは、これまでのゴールドカードの方が良かったようにも感じます。ただ、カードの利用をAmazonだけでに限定して考えると、プライム会員なら年会費無料も含めてほぼ変わらない還元率になっています。

  • 旧ゴールド年会費11,000円 → 0円
  • プライム会員費負担 0円 → 4,900円
  • 旧ゴールドポイント付与2.5% → 2.0%

一方で旧クラシックカードの人は、年会費は実質の無料と同じでしたから、コンビニ利用が1.0%→1.5%にアップした恩恵があります。既存クラシックカード保持者も不利な点はあまりなく同等でしょう。

新たにAmazonのクレジットカードが欲しい人は、Amazonのお買い物とコンビニ利用でポイントが貯まりやすい年会費無料のカードは魅力的です。

キャンペーン中なら更にポイントゲット

キャンペーン中なら、入会特典のAmazonポイントが貰えます。

キャンペーン内容や対象者、条件によって異なるようで、キャンペーン中であれば概ね5,000〜10,000ポイントがAmazon Mastercardご入会特典分として付与されます。

付与のタイミングは、手元に正式なクレジットカードが発送されたくらい、申し込みから2日後の日付けで付与されていました。今回は7,000ポイント。これは人によっても異なるので、あくまでも私の場合です。

何かのセールに合わせての方が、キャンペーンの機会に恵まれるかも知れません。

——そもそもキャンペーン中とは気が付きませんでした。

Amazon Prime Mastercardの締め日

Amazonのクレジットカードは、月末締め翌26日払いです。

あとから三井住友銀行の会員サイトで10日払いには変更手続きは可能です。(10日払いの場合は毎月15日締め)

26日払い

引用元:三井住友カードQ&A

10日払い

引用元:三井住友カードQ&A

デフォルトの26日払いの方が利用期間は1日〜月末日のため、月毎に分かりやすいとは思います。

会員サイトであるVPASSへの登録は、利用明細を確認するためには必須になりますから、締め日を変更したい人はその際に変更届をしましょう。

申し込み画面

即時審査は前提としてオンラインバンキングに対応している銀行口座が必要です。地方銀行も含めてたくさんありました。対象金融機関一覧を確認してから申し込んでください。(Amazon Mastercardページの下部

口コミも先に読んでおいた方が良いでしょう。

入力項目が他よりも多い?と口コミにありました。個人的にはそれほど感じません。確認画面の前まで3ステップ。むしろ、時間がかかったのはパスワードの設定です。

クレジットカードなどは長いパスワードが良いですね。8桁〜20桁で設定が可能でした。

画面遷移は安定していて不安はありません。

個人事業主の項目もありました。

また、任意の項目もできるだけ入れた方が良いでしょう。

年収が少ない人でも、預貯金額があれば審査が通りやすいと思います。(もちろん事故なしが前提ですけど)

入力例
審査中で少しドキドキ

クレジットカードが届くまでは約1週間前後とあります。私の場合、発送されてから3日後には届いた。ちょうど申し込んだ日から7日後くらいで無事にカードが届いてスムーズに処理されました。

即時審査が通れば、手元にカードが届くまでの間はテンポラリーカードが利用できます。(3万円迄)

Amazonの支払い設定画面にテンポラリーカードが登録され、作成されたカードとは別の番号になり、有効期限も3ヶ月でした。

直ぐに利用する予定がありましたから助かります。

完了画面

この後、Amazonから1通、三井住友カードから1通の完了メールが届き、三井住友カードからはクレジットカードの発送連絡も届きます。

迷惑メールに振り分けられていないか気をつけましょう。

先にAmazonプライム会員に登録

還元率の良いAmazon Primeカードは、Amazonプライム会員(年額4,900円)が必須になります。まだの人は先に会員になってからクレジットカードを申し込んでください。

無料体験中でも申し込みは可能です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次