Amazonがお得なのはプライム会員だけ?!こちらから

年会費永年無料へ「Amazon Mastercard」プライム会員ポイント2%、コンビニ利用で1.5%、ゴールドは無し

amazon-creditcards-title お役立ち情報

Amazonでお買い物するとポイントが貯まりやすいクレジットカードが2021年11月1日から新しくなります。

従来のAmazon Mastercardクラシック・ゴールドが、新しいAmazon Mastercard・Amazon Prime Mastercardの2種類へ変更されます。

これまで通り三井住友カードとの提携です。

年会費無料の新カード

新しいカードの券面はシンプルなブラックとシルバー色。

国際ブランドはマスターカードで旧カードと同じです。シンプルで好感が持てます。

新旧カードの比較

新しいカードはプライム会員費は別に支払うことになります。——従来の旧ゴールドカードはAmazon Prime会員費がカードの年会費に含まれていました。

プライム会員かどうかで2種類に分けられています。
通常会員で申し込むとシルバー色のカード。途中でプライム会員に変更すると、次回更新からPrimeカードへ変更されます。

プライム会員費が別登録の代わり、クレジットカードの年会費は永年無料に変更されています。

目立つのは年会費が永年無料へ、コンビニでの利用ポイントが1.0%→1.5%にアップした点です。

Amazonでのお買い物がライトユーザーの方でもポイントが貯まりやすくなっています。

細かな留意点

ひとくちにプライム会員と言ってもいくつか種類があります。ここでのAmazonプライム会員は、無料体験に申し込んだ会員、プライム家族会員、Prime Student会員、Amazonファミリー会員を含んでいます。

ゴールドカードの特典だった空港のラウンジ利用は付帯しない。

コンビニの利用は、全国のセブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン(ナチュラルローソン・ローソンストア100・ローソンスリーエフを含む)となり、他のコンビニでは対象となりません。

現在お持ちの旧カードの更新期限まではそのまま使えます。更新月に合わせて新しいカードに変更になる。

詳しくはAmazon公式ページ(Amazon Mastercard)でご確認ください。

新規申込者はお得

Amazonで多額の買い物をしているヘビーユーザーは、これまでのゴールドカードの方が良かったようにも感じます。ただ、カードの利用をAmazonだけでに限定して考えると、プライム会員なら年会費無料も含めてほぼ変わらない還元率になっています。

  • 旧ゴールド年会費11,000円 → 0円
  • プライム会員費負担 0円 → 4,900円
  • 旧ゴールドポイント付与2.5% → 2.0%

一方で旧クラシックカードの人は、年会費は実質の無料と同じでしたから、コンビニ利用が1.0%→1.5%にアップした恩恵があります。既存クラシックカード保持者も不利な点はあまりなく同等でしょう。

新たにAmazonのクレジットカードが欲しい人は、Amazonのお買い物とコンビニ利用でポイントが貯まりやすい年会費無料のカードは魅力的です。


クレジットカードは細則やカード機能が細かく設定されている商品です。一度ジックリと読むことをおすすめします。

参考:Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)
タイトルとURLをコピーしました