Amazonがお得なのはプライム会員だけ?!今すぐ会員の恩恵に預かろう!

AIに仕事を奪われるのではなく渡して人は楽しい仕事をすればいい

書籍&DVD

「AIが仕事を奪う」という論調や、その真逆の「AIが仕事を奪うのはウソ」も市民権を得ているように、書籍や講演などメディアで盛り上がってきました。

 

 

AIで検索すると、売れているであろう書籍で技術解説ではない書籍が、最近だけでもたくさん見つかります。どうもAIという言葉で煽っている広告が多いと感じます。

危機感を持つのは大事でしょう。

それこそAIよりも自分の頭で考えることが大事ではないでしょうか。

AIに仕事を奪われない仕事とは?

そんな中、AIが普及しても無くならない仕事はサービス業があると言われています。

これは臨機応変に対応しなくてはならない事が多く、ファジーな対応がAIでは難しいからだと思っていましたが、いくつかの書籍を読んで少し捉え方が変わりました。

 

クレームをもらうような仕事が無くならないと思っていたんですが、謝罪に特化したAIが出来たら、無くなる仕事かも知れません。

複数業務ができないAI

そうではなくて、接客業務が顕著なんですけど、接客だけが仕事では無いんですよね。単純作業ではないのです。

例えば、AmazonGOというリアル店舗は、レジがありません。そういう意味では接客業のレジという仕事はAIに取って代われる仕事となります。

ただ、商品の補充陳列とか、倉庫の整理とか、細々した仕事も本来はレジに立つスタッフの仕事なので、そこはやはり人が介在します。

複雑な労働系ができないAI

単純作業だけを切り取ればAIが取って代わります。的確な判断も可能でしょう。ただし、労働の手作業はまだ機械自体も高くて気軽に導入できない。

いや、高いというよりバイトの人件費の方が全然コスパがイイということだけです。

 

時給が上がってもそれでも安いんですよ。なぜなら、他の仕事をさせられます。何かをするだけのAIはそれだけしかできませんからね。複数のAIを導入できるような会社は希でしょう。

 

この労働というのは軽作業のことです。

商品をこの棚からあちらの棚へ移して、スキャンもするけど、たまに段ボールから出して移さなければならないとか、単純作業なんだけど、動きが一定ではない動作ということです。

 

もっと言うと、こちらから商品を取ってくるだけの価値しかないことに、大きな投資をしてAI化するメリットが全く無いです。

 

だから・・・。

七面倒臭い作業がある仕事は無くならないと思う。

もしくは、

アレコレやらなくてはならない業務は無くならないと思う。

本当に人手不足?

現在は日本も人手不足といわれています。某牛丼屋さんがワンオペレーション(バイト1人体制)で人が居なくて営業できない閉店騒動なんてありました。

これは極端な話で、人間だからワンオペでやらせようとします。普通に考えれば、作る人と提供する人の2人は最低現は必要です。なぜか? ワンオペでは効率悪いからです。

 

2人なら注文は2倍ではなく4倍でもこなせます。それぞれがその時に合理的な動きをすればできるでしょう。ただ、ワンオペは無理難題です。2客をこなすのが精一杯ですよ。

 

問題はスタッフが足りないのに、足りているときと同じような営業をすること自体が無理な話であって、AIとかそういうのは関係ない次元の話ではあったと思います。

仮に作るだけで、注文と精算や提供といった他全てをセルフサービスの機械化したら、できることもあるでしょう。

 

もっと言うと、作るのもAIで、それを監視してサポートするスタッフが1人でもできるかも知れません。作った料理を渡す役目と、精算が無事に終わるか見届ける役目です。

合理的がミスマッチ

シアトルにあるAmazonGO

シアトルにあるAmazonGO

そういった意味ではAmazonGOというリアル店舗の技術は合理的です。

ただ、これはスタッフが要らないとか、人の仕事を奪うという考え方ではありません。店内のスタッフは補充したり、在庫管理したり、デリカ用に調理するスタッフがいたり、むしろ多いかも知れません。

このAmazonGOは利用する顧客側のサービス向上を狙ったものでしょう。お店の利用率は高くなるでしょうね。個人的に近くにあれば毎日利用したいくらいです。

 

一方で、日本という文化だからとは思いますけど、本来、合理的にこなせる仕事なのに、なぜか非合理極まりない作業が発生しています。

そういった意味で、今の仕事や業務って必要なんでしょうか??

 

せっかく合理的なことをしているのに、どうも生かし切れない。そういうミスマッチな仕事や業務がまだまだ多いと思いませんか?

 

AIの登場で人間は新しい仕事を獲得すればいいと思う。
面倒なことはAIに全部やらせましょう!

 

経験上、サービス業には長く勤めていたので、例を交えてご紹介します。

宿泊業の例

宿泊予約は今はネットからがほとんどです。10年くらい前はネット予約は3割程度でした。現在では考えられませんね。

そこはAIではないですが機械化されて、予約係の仕事は電話の前からパソコンの前になり、それも人が減りました。ズラーッとテレアポが居たのに、正直、2交代制で2人居れば問題ないでしょう。

 

もしもAIが処理するなら、電話以外の予約係は必要ありません。各部署へきちんと予約情報を流せれば良いからです。

 

ただ、現実はどうかというと、ネットからの予約がそのままスルーで収まりません。人間が個別に対応する予約がまだ多いからです。

ここで入力業務という作業も発生します。

他の部署との折衝もでてきます。当然のことながら予約者とのやりとりも発生します。

 

単に機械化しただけでは以前より仕事量が増えている気がするのは気のせい?

AIになればこれも全部こなせるのかな〜??

 

しかも、予約関係だけやっていればいいかというと、そうではありません。宅配便の受け取り、業者からの連絡処理、小さいところなら発注業務もあります。要は雑用係も兼ねています。専任者は置けないところが多いのです。

だから、そういう会社ではまだまだ万能な予約係は必要とされています。

雑用すらAIに任せればいい

単にそういう雑用をメインとする仕事があればいいと思います。それぞれがメインの仕事に集中できるようにすれば、それぞれが専任者です。

 

いや、むしろ雑用をAIにやらせれば良い!と思いませんか?

 

多少のクロスオーバーは仕方ないとしても、メインの仕事の比重が低く、多種多様な業務を兼任しないとならない。

だから、いつも人手不足ではないでしょうか。

 

単純に思います。

細分化した仕事をアレコレと兼務するのは人間ならではです。スタッフの数が居ればそれでも負担は軽減されます。しかし現実は、少ないスタッフこなさなければならない。

単に人件費の問題です。

 

仮に機械化かAIが取って代わるなら、人間のスタッフは少なくて良いと思います。結果として採用人数は減るように思います。

しかし、それをサポートする人、雑用をこなす人など、AIができない仕事をする人は、必要なので決して大幅にスタッフは減らないと思います。

 

思うのは、AIが普及しても全てを任せられるわけはないですし、新しい仕事も増えると楽観視しています。

最後に

AIがあろうが無かろうが、人が介在する仕事は無くならないので、その技術や経験や知識を有した人なら仕事は無くならないと思っています。

単純作業で、何も大きく判断のブレがない仕事は確かに淘汰されるでしょう。

 

どの時代でも完全特化して、その人しか出来ない仕事が理想です。

そもそもそうなるためにも、煩雑で面倒なことは合理化の一環でAIに任せれば良い。

 

結論: AIに全部やらせれば良い!w

 

AIが書いた小説がベストセラーになったり、AIのプロブロガーがバズったりw、AIがプロデュースした映画や番組で楽しんだり・・・。まっ、楽しければイイか(^_^;

コメント